憧れの国際結婚!可愛い赤ちゃんとカッコイイ旦那…でも実際の所どうなの?


国際結婚

漫画が原作で、映画にもなった『ダーリンは外国人』交際結婚の喜びや苦悩をコミカルな視点で描く本作は若い女性を中心に大人気になりましたよね!
結婚は夢見る女性なら一度は考えたことがあるのでしょうか「国際結婚ってなんかお洒落でいいかも」と。
現に、お相手は外人じゃないとイヤ!という方がいるのも事実で、国際結婚専用の結婚相談所も増えているんだとか!
そこで今回は、憧れの国際結婚について詳しく考えてみたいと思います!

■なぜ私達は国際結婚に憧れるのか

国際結婚に憧れをもつ女性の声として多いのは

◎ハーフの赤ちゃんは可愛いから
◎外国人は優しいから
◎お洒落な海外生活をしたいから
◎なんとなくかっこいいから

というところではないでしょうか?
たしかに、全部納得できる理由ではありますし、街などで見かけるグレー掛かった髪のハーフの子供はみんな本当に可愛いですよね♪

そして、外国人の多くは日本人男性にはないストレートな愛情表現をしてくれるので「愛されている」「大事にさせている」という実感がもてるのもいいですね!

■実際はどうなの??

例え日本人同士だとしても難しい結婚生活です。言葉や文化の違う人同士が一緒になることはそれなりに苦労も多いでしょう。
では国際結婚で問題になりがちなポイントをいくつか紹介します。

◎言葉の壁
「愛があれば言葉の壁なんて!」と情熱で乗り切ろうとする考えもよく耳にしますが、これはあまり現実的とは言えません。
日本で暮らすならまだしも、相手の国で暮らすことになった場合、言葉が分からない伝わらない、というのは想像以上のストレスになります。
また、結婚相手ときちんとコミュニケーションをとる為にも言葉は必要不可欠。
日常会話が出来る程度の語学力は付けておくようにしましょう。

◎食文化の違い
国際結婚したカップルに意外にありがちなのが、自分の食事とパートナーの食事と2種類分けて作っていること。
まだ子供がいない時は良いですが、どうせなら同じ食べ物を一緒に「美味しいね~」といいながら食卓を囲みたいものですよね!毎日コテコテの洋食が続くときっと私達はゲンナリしてしまうし、逆に相手にとって日本食は味気ないかもしれませんね。結婚前に意見をすり合わせておくのがいいかもしれません。

◎宗教的相違
宗教に関する問題も国際結婚に多い悩みの一つ。
信仰の自由が認められている日本では、あまり宗教に固執した民族ではないため、一言で言えば無宗教な人が多いですよね。
しかし、世界では国によって宗教が定められていたり、生活の基盤が宗教の規律によって築かれているということも珍しくはないんです。
私達にはなかなか理解しがたい価値観かもしれませんが、この宗教観は結婚前に必ずきちんと話し合っておかなければいけません。

■人と人、国と国

こう見ると、困難なことばかりに思えてきた国際結婚ですが、やはり世界共通で大事なことは、お互いに歩み寄り、思いやりを持つことだと感じます。
相手の文化や習慣をきちんと理解して、正面から向き合っていくことが国際結婚を成就させる秘訣になるのかもしれません♪