クラッチバッグの正しい持ち方って?こなれて見せるポイントとは


クラッチバッグ

流行から定番になりつつあるクラッチバッグ。正しい持ち方は出来ていますか?海外セレブやモデルのように、かっこよく持つコツをご紹介します!

■いつもの荷物多すぎない?

毎日大きなかばんに何でも入れて持ち歩いていませんか?デキる女こそ荷物が少なくスタイリッシュです。まずは荷物の整理から。クラッチバッグには入る荷物は限られていますし、中身を詰め込んでパンパンになってしまってはクラッチバッグの良さがなくなってしまいます。必要最低限入れるものは、お金・ケータイ・ハンカチ・化粧品ひとつ(チークやリップ)でOK。思い切って荷物を減らしてみると、今まで余計なものを持ち歩いていたことに気付けますよ。

■少し大きめもアリ

そんな限られた荷物しか持てないのは不安!という方は、少し大きめのサイズを選ぶといいかもしれません。それでもバッグいっぱいに荷物を入れてはダメ。少し大きめのビッグクラッチをラフに持つと一気に今っぽくなります。パーティーシーン専用だったアイテムも、時代とともにデイリーに取り入れられるように変わってくるのですね。

■持ち方に気を付ける

クラッチバッグで気を付けなければいけないのが、バッグの持ち方です。持ち方を工夫するだけで一気にこなれ感が出ます。

○脇に挟む

オーソドックスな持ち方ですが、持ち方を間違えると一気にダサくなってしまいます。斜め上がりに脇に挟むと、視線が上に向きバストアップ効果もあります。

○無造作に持つ

今の流行として、握ったようにくしゃっとつかむ持ち方。レザーや柔らかい素材のバッグをあえて無造作に持つことで、クラッチバッグを使いこなしているように見せることが出来ます。

○両手で上品に

親指以外の4本の指を揃えて両手で持つと一気に上品に見えます。シンプルなデザインのものはこうやって持つとエレガントに。肘を少し曲げて持つとよりお洒落に見せられます。

何となく持っているクラッチバッグも、意識して持ち方を変えると一層お洒落な印象に。是非試してみてくださいね。