日傘選びの基準って何??今から始める紫外線対策


日傘

だんだん日差しが強くなってきて、そろそろ日傘の出番ですね。今年はデザインだけでなく、機能性もある日傘を選んでみませんか?

■遮光率が高いものを

綿、麻、絹などは太陽からの熱線を繊維の内側に蓄えて裏まで熱を通さないという特徴があります。また、二重張りのものは生地と生地の間に空気の層が出来るため、熱が傘の内側に伝わりにくくなります。ポリエステルは熱がこもりやすいので避けましょう。
見た目が涼しげで可愛いレースの日傘も、レースの隙間から紫外線や赤外線が入り込んでしまうため、UVカット効果としてはあまり向いていません。

■紫外線をしっかりカット

基本的に日傘はUVカット加工が施されています。傘の色は、白でも黒でも紫外線防止効果はほとんど変わりません。ただし、内側の生地は黒い方が良いです。白だと地面から照り返しされた紫外線が傘の内側で反射して自分に戻ってきてしまいます。黒は照り返した紫外線も傘の内側で吸収できるので最適。また、UVカット率は99%で安心せず100%のものを迷わず選びましょう。その残り1%はかなり大きい違いになります。

■知らなかった日傘事情

晴雨兼用と雨晴兼用の日傘があると思いますが、雨の日に使う事を想定している雨晴兼用の日傘の方が、どちらにもしっかり対応できます。晴雨兼用は日傘として使うことがメインのため、雨傘としては少し使いにくいです。また、日傘のUVカット効果は2~3年が寿命のため、定期的に買い替える必要があります。
日差し対策として紫外線防止の日焼け止めは必須ですが、実は太陽光線が含む肌の老化を進める赤外線は一般的な日焼け止めでは防ぐことが出来ません。そのため、赤外線対策として日傘は重要なアイテムなのです。

女子の必須アイテムの日傘ですが、正しく選べていますか?可愛いデザインのものは魅力的ですが、まずは機能性を重視してみましょう。日傘を上手に使って日差しから肌を守りましょう!