おねぇに学ぶ!男女ともに愛されるキャラになる為に行うべき4つのこと


おねぇ

今やテレビで見ない日はないくらい、確固たる地位を築きあげたのが『おねぇタレント』の皆さん。
歯に衣着せぬ物言いや、グレーゾーンにも臆することなくズカズカと踏み込んでいくその姿勢は私達視聴者をスッキリ爽快な気分にさせてくれます!
また、美容業界などのプロフェッショナルが多いのも女性からの支持を受けている理由かもしれません!

そして彼女(?)たちのもう一つの魅力はその懐の広さではないでしょうか。ハッキリ物申す姿勢の奥に垣間見える優しさや物事の善し悪しを冷静に分析する思慮深さが、コチラの悩みも大きく包み込み解決に導いてくれそうな気がしますよね。世知辛い現代において、そういった“頼れるおねぇさん”的な存在は、実は誰もが求めていたのかもしれません。

しかし、今でこそ皆に愛されている「おねぇ」ですが、そこに行きつくまでにはきっと私達が知りえぬ苦労があったことでしょう。

そこで今回は、人生経験が豊富な「おねぇ」の言動から、人生において大事なことを勝手に読み解いていきたいと思います!

■いつでも明るく!

おねぇキャラに一貫して言えることはその明るさです。
差別や偏見を逆手に取って、怒る代わりに笑いへと変換させています。
嘆き悲しんでいる人より、いつも明るく楽しい気持ちにさせてくれるような人の周りに人は集まってくるものです。

■聞き上手になる

対話をする上で人の話を聞くことは最重要ポイントです。自分の意見をガーッと言うのではなく「うん、うん」「なるほど、そうなんだー」と上手な相槌を打って相手が話しやすい環境を整えてあげることがとても大事なんです。

■自虐センスを鍛える

おねぇ達は一見自信満々に話しているようにも見えますが、どこかで“自分は異端である”という一種のコンプレックスを抱えているのではないでしょうか。

しかしそれを自嘲的に愚痴ったりするワケではなく、表現や対人関係向上の糧にしていますよね。コミュニケーションツールにしているということです!
ですが、これは本質的にそのコンプレックスを既に克服しているからこそなせる業なのかもしれませんね。

■誇りを持つ

上にある「コンプレックス」とは矛盾しているかもしれませんが“誇り”とはなにも“コンプレックス”がない状態を指すわけではありません。

自分自身を信じ誇りを持つことが、凛と顔を上げて生きていける秘訣ではないでしょうか。
プライドは心を窮屈にしてしまいますが、誇りはより広い世界に羽ばたいていくための大事な力になることでしょう。

いかがでしたか?
こうやって見てみると、おねぇの行動の随所には思いやりが潜んでいるように思えます。
これらが自然に身についた時、あなたも男女ともに愛されるキャラになれるかもしれませんよ♪
是非皆さんも試してみてくださいね!