夏に向けて今から痩せる!仕事中やリラックスタイムを有効に使うダイエット


簡単ダイエット

5月に入り、さっそく「夏日」を記録している地域もあるようですね。これからの時期、着る服がどんどん薄くなっていき、これまでは服でごまかしていた脂肪を隠しきれなくなっていきます。夏になってから痩せようとするのは手遅れになりかねません。そこで今回は、夏に向けて今日から日常生活の中で実践できるダイエット法をご紹介します。

■水をたくさん飲んで、トイレに行く回数を増やす

「喉が渇いた時や食事中しか水分を取らない」という人は、水分を摂って代謝を上げるだけで簡単に痩せることができます。目安としては、1日8~10回トイレに行く程度だと良いそうです。発汗や排尿が促され、セルライトや老廃物が除去されていきます。

【水を摂取する際の注意点】
○1日2リットル程度で、無理のない量を摂取
水を飲む習慣がなかった人は、1日500mlからで構いません。一度に飲むのではなく、何回かに分けて飲みましょう。一気飲みはむくみの原因になります。

○温度は常温~ぬるま湯
身体を冷やしてしまうと代謝は上がりません。

○食前に飲み過ぎない
食前に水を飲むことは食べ過ぎ防止につながりますが、摂取しすぎると胃液が薄まり、消化が悪くなってしまいます。食前はコップ一杯程度にしましょう。

○寝る前に大量に飲まない
就寝前、寝起き後に水分を摂取することは、代謝を上げるためにとても良いことです。しかし飲みすぎると、寝ている間は腎臓の活動が弱まるため、翌朝顔がパンパンにむくんでいるなんて悲劇を招いてしまいます。

■息を吐き切る

PC作業やスマホ操作の時間が長いと姿勢が悪くなり、肋骨の間の筋肉が硬くなってしまいます。日頃の生活の中で腹式呼吸をすること、息を吐き切ることを意識してみましょう。たったこれだけでも、意識するのとしないのとでは筋肉の使用量が変わります。

■エスカレーターやエレベーターを使わない

駅やデパートなどでエスカレーターと階段があった場合、いつもエスカレーターを使うという人は、今日からその習慣を変えましょう。日頃の積み重ねが大事です。

■オフィスでの座り方を変える

仕事中などで椅子に座っている時間が長い場合、姿勢に要注意です。座り方が悪いと骨盤や股関節が歪み、下半身太りを引き起こしてしまいます。デスクワークが多いという人は、座る際に『お尻の穴をキュッと引き締めること』、『腰を丸めずに坐骨を椅子に立てて座ること』『膝の位置よりも骨盤の位置を高くすること』を意識しましょう。

■お風呂でセルライトつぶし

お風呂はセルライトをつぶす絶好の機会です。二の腕はタオルを絞るように、お腹周りや太ももはつぶして押し出すようなイメージで、セルライトをリンパ節(脇の下やひざ裏)に向けて流し出しましょう。一週間続けるだけでも効果があります。

いかがでしたか?
今からできることを始めて、夏までに美ボディを手に入れましょう!