虹色の栄養素?アンチエイジングに効果的な『ファイトケミカル』のチカラ!


ファイトケミカル

皆さんは、ファイトケミカルという言葉をご存知でしょうか?
最近耳にするようになった方も多いと思うのですが、これは今もっとも注目されている栄養素の名前なんですね。
美容と健康に大きく貢献してくれるというこの「ファイトケミカル」ですが、いったいどのような効果をもたらすでしょうか?詳しくお話します♪

■ファイトケミカルって??

“ファイト”という名前からしてとても元気がでそうな栄養素ですが、このファイトとは英語の「闘う」という意味ではなく、ギリシャ語でPhyto(ファイト)、これは「植物」という意味を持ちます。
つまり、ファイトケミカルとは直訳すると「植物の化学物質」ということ。
野菜や果物が、育っていく過程で太陽の紫外線による酸化や虫などから身を守る役割を果たします。

■ファイトケミカルの効能とは?

ファイトケミカルには強い抗酸化力・抗菌作用があり、人の体内に入ると体の免疫機能を整えたり、活性酸素をやっつけてアンチエイジング、ガンなど多くの病気の予防に役立つと考えられています。

そして、糖質やタンパク質というような人間の生命維持に必要な栄養素として、「第7の栄養素」と位置づけられている程重要な役割を果たしています。

■食材のレインボー?

ファイトケミカルは主に色の鮮やかな野菜や果物に含まれています。
その際に参考になるのが食材の「虹色」です。赤・橙、黄、緑、紫、黒、白の7色がそろえば、自然とバランスよく摂取できるとされています。
ただ、毎日この7色を摂ろうと思っても大変です。例えば1週間かけて7色食べて行くという方法でも十分効果が期待できます♪

では7色の野菜とその栄養と効果の一部を紹介します♪毎日のレシピに役立ててみてください!

「赤」 トマト、スイカ…リコピン(強い抗酸化作用で体、肌の酸化を予防)
「橙(オレンジ)」 ニンジン、カボチャ…プロビタミンA(ガン予防)
「黄」 トウモロコシ、ゴールドキウイ…ルテイン(ガン予防)
「緑」 ほうれん草、オクラ…クロロフィル(消臭・殺菌効果)
「紫」 ナス、ブルーベリー…アントシアニン(視力低下の予防)
「黒」 ゴボウ、ジャガイモ…クロロゲン酸(血糖値上昇の抑制)
「白」 ニンニク、ネギ…硫化アリル(抗菌効果)

■眼で見る栄養♪

色を見て体に必要な野菜が知れるのは分かりやすくていいですよね♪
皆さんもファイトケミカルを意識して摂って内側からキレイを目指してみてはいかがでしょうか!