メイクが苦手な方へ!基本を見直してコツをつかもう


初心者メイク

メイクが上手に出来ればいいのに・・・と悩む方へ、正しいメイク法は出来ていますか?基本から立ち返り、苦手意識を捨てましょう!

■簡単に手に入れる陶器肌

肌が綺麗に整えられているだけで、可愛く見えるものです。かといっても、ファンデーションだけでも種類がたくさんありどれを選べばいいか分からない方は、最低限のアイテムを使いましょう。
まず初めに日焼け止め効果もあるBBクリームを適量とり、おでこ・両頬・鼻の頭・あごに乗せます。顔の面積の広い所は手のひらで、細かいところは指先を使ってまんべんなく塗り込みます。その後パウダーをブラシやパフでサッとつけて出来上がり。

■眉毛で顏が決まる

メイクが上手く決まらない方は、眉毛を丁寧に書いてないからかも?顏の印象を大きく左右する眉毛は手を抜いてはいけません。髪の色に合ったアイブロウで、眉毛を一本一本足すイメージで書きましょう。黒髪の人もブラウンのアイブロウを選ぶ方が自然に仕上がります。アイブロウで整えたら、アイブロウパウダーでなじませます。目尻の方を濃いめに書くと小顔効果が期待できます。

■気合いが入るアイメイク

アイメイクはメインだから気合いを入れなきゃ、と思っている方は間違いです。メイクが苦手な人ほど、アイメイクは薄めが良いです。慣れてきたら自然にいろいろな手を加えることが出来ます。
アイシャドーはブラウンを選び、アイホール全体に乗せます。一色乗せるだけでも目元に陰影を付けられ彫りが深く見えます。アイラインは目をはっきり大きく見せるためには必要不可欠。目の大きさや形が左右違う場合も、アイラインで調整することが出来ます。アイライナーにもいくつか種類がありますが、初めはペンシルを選ぶと使いやすいです。まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにして、ゆっくり目頭から目尻に向かって引きましょう。あとはマスカラを塗って完成。

■チークとリップで色づけ

にっこりと笑ったときに一番高くなるところに、ポンポンとチークをのせます。この入れ方が最も失敗しにくいです。
唇の色でも顔の印象がガラリと変わります、リップクリームで保湿してから、ピンク色のグロスをのせると血色が良く見えます。いきなり口紅を塗ろうとすると、色の選び方が難しいため、まずはグロスをつけるだけでもメイクをしている感じが伝わります。

女性の中で常識になりつつある、つけまつ毛やカラコンがなくても、メイクのポイントを押さえていれば十分可愛くなれます。メイクの基本から見直してみましょう!