早く髪を乾かしたい!!ドライヤーをいつもの半分の時間で終わらせるには?


ドライヤー

だんだん暖かくなってくると、面倒なのがドライヤーです。せっかくお風呂に入ったのに、一生懸命髪を乾かすと汗ばんできますよね。そんなドライヤーの時間をいつもより短く出来れば良いと思いませんか?

■お風呂からあがったらまずは・・・

まずはタオルドライをしっかり行いましょう。手で毛束を絞ってしっかり水気を取ります。乾いたタオルを頭に当て、指の腹を小刻みに動かして地肌と髪の根元の水分を拭き取ったら、中間から毛先はタオルで優しく挟んで水気を吸い取りましょう。
お風呂上がりのバスタオル1枚で乾かすよりも、小さな乾いたタオルを使う方が断然乾きが早いです。さらに水分をカットするには、キッチンペーパーもおすすめ。髪を挟んでぎゅっと絞っても破れないです。

■上手なドライヤーの使い方

いつもドライヤーはどこで使っていますか?洗面所は浴室が近く湿度が非常に高いため乾きにくいのです。リビングや寝室で使用しましょう。
まずは、タオルの上からドライヤーを当てます。タオルの中がサウナ状態になり、髪の水分がタオルに吸い込まれるという仕組みなのです。髪に直接ドライヤーの熱が当たることもないため、ダメージも受けにくいです。
面倒に思いますが、根元から髪を乾かすために上半分の髪をクリップでとめて下半分の髪から乾かしましょう。この方法ですと、結果的に時間短縮につながります。
仕上げに全体を冷風で冷やし、ブラッシング。ドライヤーで乾かしている途中にブラッシングをすると、髪の毛を傷める原因になります。

■アイテム選びも重要

ドライヤーの値段や性能は様々ですが、最も大事なのは風量です。1.3m/分以上のものを選びましょう。また、吸水力が高いマイクロファーバー素材のタオルやターバンを使うのもおすすめ。普通のタオルに比べて繊維の隙間をすごく小さくしてあるので、しっかり水分を取ります。

これからの季節に向け、面倒なドライヤーを上手に工夫し時短に成功させましょう!