結婚ラッシュがちょっと憂鬱…。友人の結婚式を100%楽しむ方法!


友人の結婚式

春先になると届くもの、そうそれは6月の結婚式の招待状です…。ジューンブライドというだけあって6月に友人の結婚式がいくつか重なることも珍しいことではありません。
もちろんとても喜ばしいことではあるのですが、参加する側としては両手をあげて祝福できないのも事実…。

そいうのも、第一の理由がお祝儀。相場の値段を包み、更にそれが2組3組と続いたらかなりの金額に。お祝儀貧乏という言葉があるくらい、なかなかシビアな問題です。

第二に、自分と相手を必然的に比べてしまい、どうしても相手の幸せを素直に喜ぶことができない。要するに、妬んでしまっているということです。認めたくないかもしれませんが、それが現実です。

とはいっても、今後の付き合いやなどを考えても式には出席しておきたいもの。
そこで、前置きが長くなりましたが、今回は“どうせ行くなら楽しまなきゃ!”ということで、他人の結婚式を100%楽しむ方法を考えていきたいと思います!

◆結婚式は出会いの場!

人の幸せを祝いに行くならば、もれなく自分も幸せになってしまいましょう!
狙いは言わずもがな、新郎の友人ですね。
そこで上手に御近づきに慣れるポイントを確認しましょう。

◎顔見知りや女友達とつるみ過ぎない
知った顔同士が固まり盛り上がっているところに周りは近付こうとしないもの。
自立した女性のように知らない人とも気軽に話し、分け隔てなく接すると良いでしょう。

◎2次会は必ず参加しよう!

メインの式では席も決まっているのでなかなか出会いは少ないもの。
ですが2次会は別です。パーティー感覚で楽しむものなので知らない人ともフランクにかかわることが出来るでしょう。ここでも式の時同様、仲間内だけで盛り上がりすぎるのは禁物です。

◆同窓会気分で♪

学生時代の友人の結婚式の場合、懐かしい面々と再会するのはとても楽しいもの。
久しぶりに会う皆に綺麗になった自分をみせる絶好のチャンスです!この日までにダイエットをしたりとちょっとした努力をしてみるのもいいかもしれません♪

◆結婚ラッシュも気の持ちよう♪

以上のように、気が進まない他人の結婚式でも捉え方によってはとても楽しいイベントに代わります!
もちろん、祝福の心は忘れずにもっていきましょうね!