家計簿を長続きさせて節約上手に!この4月から始めてみよう!


家計簿

家計簿をつけ始めると節約につながるため、自分に使える自由なお金が一気に増えます。とはいえ、毎日しっかり書けないだろうから・・・と敬遠しがちな人も多いはず。難しく考えず、気軽に始めませんか?

■ただつけるだけじゃダメ

家計簿をつけることで貯金が増えると言うけど、全然増えないと悩み挫折した経験はありませんか?家計簿は収入と支出をはっきり見えるようにし、自分のお金の流れを把握するものです。ただつけるだけではなく、目的を持って効果的につけることが大切。例えば、憧れのブランドのアイテムをいつ頃に買いたいか、海外旅行に行くために必要な蓄えはあるかなど、将来の自分の夢に向けお金をしっかり管理しましょう。

■消えたお金を発見する!

最も大事になってくるのが、知らないうちに消えていったお金、使途不明金を発見することです。家計簿をつけずに生活していたら、だいたい1万円ほどの使途不明金が生まれていると思います。まず家計簿をつけるにあたり、費目ごとにしっかり集計することが節約への近道です。

■長続きさせるポイント

○費目は3つにする

「食費」「水道光熱費「交通費」「交際費」など、家計簿には多くの費目があり、すべてをきちんと分類しようとすると非常に大変です。まずは「食費」「生活雑貨」「その他」のように、3項目から始めてみましょう。

○完璧主義はやめる

書くからには絶対に誤差をなくしたい、レシートは全部貼りたいなど家計簿に完璧を求めようとすると、ストレスが溜まってしまいます。細かい数字は気にせず、だいたいのお金の流れをつかむことが出来れば大丈夫。

○家計簿は長距離走

頑張り過ぎず、ゆるく長く続けることがコツ。少しの間違いがあったり、忘れたことがあったりしてもあまり気にしないようにしましょう。貯金は短期的に成功するものではなく、長い目で見て結果に表れるものです。

増税後、今までと同じお金の使い方ではなかなか節約はしにくいものです。これを機に家計簿をつけ始めることをおすすめします!