ストレス解消には読書が効く?たった6分で気持ちがスッキリする秘訣


ストレス解消

ストレス社会に生きる皆様へ、頑張り過ぎるといつの間にかうつ病に・・・ということも自分に起きるかもしれません。そんなストレス解消に、読書が効果的なのはご存知でしたか?

■ストレスが溜まるとどうなるのか・・・

ストレスを解消せず溜まりっぱなしになっていると、うつ病・拒食症・不眠・肌荒れなど万病の元になってしまうのです。また、健康な骨がスカスカになり脆くなってしまったり、脳が正しく機能せず記憶障害を引き起こしたり、怖い弊害がたくさんあるのです。

■本を読むだけでストレスフリーに

今話題になっているストレス解消法として、読書が挙げられます。わずか6分間読書をするだけで、音楽を聴いたり散歩をしたりするよりも、高いストレス解消効果があるのです!本を読み想像力を働かせることで、大脳は想像したことを実際に経験したときのように活性化します。これは、テレビやゲームでは同じ現象は起きないそうです。
読書をしていて気付いたらこんなに時間が経っていた、という経験はありますよね。読書に没頭することで、日々の煩わしい出来事を忘れさせ、さらに抱えていた悩みの解決のきっかけを見つけ途端にエネルギーに満ちてくるなど、精神的にも効果が非常にあります。

■効果的な読書スタイル

朝は睡眠によって脳がもっともリフレッシュしている時間であるので、最もおすすめな時間帯。また、声を出しながら読んだり、読みながら書いたり、繰り返し読んで深く理解すると、脳を鍛えることにつながります。
好みのジャンルなら、さらに興味が引かれストレス解消につながるでしょう。特定のジャンルにこだわらず、幅広く読むことで創造力が鍛えられるとも言われています。

好きな本を読んでいると、いつの間にか嫌なことや心配事を忘れ、知らず知らずのうちにストレスが解消されます。一冊ずつ読み終わる度に充実感を得ることもでき、気持ちがだんだんと落ち着くでしょう。