炭酸水で洗顔!?驚きの美肌効果

炭酸水洗顔をご存じでしょうか?今、コンビニやスーパーなど、どこでも手に入るソーダを使っての洗顔が注目されています。
ここでは、炭酸水洗顔の正しい方法を紹介します!

洗顔

■なぜ炭酸水なの?

炭酸水の中に含まれる炭酸ガスは、酸素の25倍もの透過性(物体が内部を通り抜けること)があり、水と油に溶けやすいという特性があります。皮膚は水分と脂が混ざった状態なので、肌に効果的に浸透します。
他にもタンパク質を吸着させる特性もあるので、毛穴からでた古い角質などの老廃物を肌に残さない効果もあります。
また、いつもの洗顔に炭酸水を使うことで、洗顔料の泡立ちが良くなり、肌の代謝自体を良くしてくれるので肌の血行が促進され、洗顔後の化粧水が肌の奥層までしっかり浸透しやすくなります。

■正しい炭酸水洗顔とは?

1、甘味や香料の入っていない炭酸水を用意しておきましょう。
2、顔に炭酸水をつけて濡らし、血行をよくします。
3、炭酸水を使って洗顔料を泡立て、顔に泡をやさしくのせていきます。(ここで、少しの間泡をのせておくと効果的)
4、すすぎはぬるま湯をつかって、しっかり洗い落とします。

他にも、すすぎに炭酸水を使って肌に刺激を与える使い方もあります。また、時間が無い時には、洗面器に炭酸水を入れて、顔をつけるだけという方法もあります。

■炭酸水を作ってみよう!

炭酸水洗顔に使う炭酸はもちろん市販の物でも大丈夫ですが、自分でも簡単に低コストで炭酸水が作れます。
以下は材料と作り方の手順です。

材料
・水 1リットル
・重曹 10~15g(小さじ2杯程度)
・クエン酸 重曹と同量。小さじ2杯程度

1、洗面器に水を入れる。(ペットボトルでもOK)
初回は計量カップなどで測り、洗面器やペットボトルに印をつけておくと次回からが楽になります。
2、「1」の水に重曹を溶かす。
3、重曹が十分溶けたところで、クエン酸を加える。

以上のようにして、簡単に炭酸水を作ることができます!水の温度が高いと炭酸が抜けやすいので、ぬるめの水で作りましょう。

炭酸水洗顔は、週1回でも十分効果があるので、是非お試しください♪