フラフープダイエットで全身ほっそりも夢じゃない!水泳にも匹敵するその運動量とは?


フラフープダイエット

以前も『なかなか落ちない下腹のお肉にはフラフープが効く!!』で紹介したフラフープダイエット。実はその効果はお腹だけではないんです!
ダイエットとしては異様にも思えるフラフープですが、とても効果的な全身運動だったんです♪
今回は新ためてフラフープダイエットについて紹介したいと思います!

■フラフープのフラとは?

ピンと来た方もいるのでは?そう、フラフープの「フラ」とはあのフラダンスが由来。
確かに、どちらも腰を滑らかに動かすという点では共通するところがあります♪

しかし、フラフープはコツを掴めば腰以外でも、腕や足で回すことが可能。部分痩せにも効果的なんです!冒頭で“フラフープは全身運動”とある理由の一つこれ♪

■インナーマッスルを刺激!

フラフープを正しい姿勢で回した時に鍛えられるのはインナーマッスル。
インナーマッスルとは体の内側にある赤筋のことで、普段はあまり使われていません。
しかし、このインナーマッスルこそ脂肪を燃やし、基礎代謝をアップさせてくれる大事な筋肉なんです。
これが“フラフープが全身運動”である二つめの理由。ではフラフープを回すのに正しい姿勢とはどのようなものでしょうか?

■正しい姿勢で効果アップ!

フラフープを回す時にイメージするのは左右に腰をふる動きですよね!
インナーマッスルを鍛えるためには「前後」に動かす必要があります。背筋をまっすぐ伸ばし腰の動きはなるべく小さめに、腹筋と背筋を使って振ります。
この姿勢で20分ほど続けると、最初のうちは翌日に筋肉痛のように腹筋が痛くなると思いますが、これはきちんとインナーマッスルが鍛えられていという証拠。ダイエット効果を最大限に得る事が出来ま!

■いいことがたくさん!

フラフープは有酸素運動に当たります。ダイエットは皆さんもご存知の通り激しい一時的な無酸素運動より、緩やかに長時間行う有酸素運動が効果的。
フラフープは10分回すと100キロカロリーも消費します。それはランニングや水泳にも匹敵する運動量なんです!

また、回転を水平に保つようにることで自然に骨盤矯正にも役立ちます。生理痛が重い方や便秘にも効果が期待できます♪

続けることで確かな効果が期待できるフラフープダイエット。
しかし、やりすぎて腰を痛めてしまう可能性もあるので、自分の身体と相談しながら続けてみてくださいね♪