低炭水化物ダイエットは短期集中!上手に取り入れよう


炭水化物

今話題の低炭水化物ダイエットですが、正しいやり方で取り入れなければ身体にとって意外な危険性があるのです。挑戦するなら短期集中で結果を出しましょう!

■低炭水化物ダイエットとは・・・

名前通り、炭水化物の摂取量を減らして痩せるというダイエット法。炭水化物を多く含むご飯やパン、パスタ・ラーメン・うどん・そば等の麺類さえ控えれば、あとはお腹いっぱいに食べてもOK。空腹と戦わなくていいため、比較的に挑戦しやすいダイエットですね。

■何で痩せられるの?

1日に必要なエネルギーのうち半分程度は炭水化物から摂取します。よってカロリーを抑え、脂質を代謝させることで効果が期待されています。炭水化物の代わりに、脂質とタンパク質でカロリーを補う必要があり、これらは炭水化物と比べ血糖値も上がりにくくインシュリンの分泌が緩やかであり、必要以上に食べ過ぎなければ体重は落ちていくのです。

■気を付けなければいけないポイント

○主食の炭水化物は毎食決まった量で

炭水化物を全く摂らないのは危険です。しかし、高カロリーなパスタやラーメンは控えましょう。少なめのご飯か食パン、そばやうどんは味付けが薄ければ大丈夫です。

○期間は2週間以上1ヶ月未満

長期間続けると身体への負担が大きくなり、脂肪だけでなく筋肉も分解してしまいます。病気のリスクも高まるので、やりすぎは禁物。

○お菓子は×

一番避けなければいけないのは、砂糖を沢山使ったお菓子です。夜遅い時間に食べることは絶対にやめましょう。

○ビタミンB1、B2と一緒に

ビタミンB1、B2が多く含まれる食品を取り入れることで、糖質が効率よくエネルギーに変換されます。例えばニラ、ニンニク、ネギなどが効果的。

低炭水化物ダイエットは、体脂肪燃焼を目的としたダイエットであるため、本格的なダイエットの補助的な役割で体脂肪を減らすことが必要です。低炭水化物ダイエットによって衰えた筋力は、運動して鍛えることが大切。ポイントを押さえて上手に体重を落としましょう!