効果絶大!炭水化物を正しく摂ってスルスル簡単ダイエット!


炭水化物ダイエット

薄着の季節にむけて本格的にダイエットを始めた方も多いのではないしょうか?
より効果が実感できるダイエット法として「低炭水化物ダイエット」があります!
しかし、このダイエットを実践した人のなかには「常にイライラした」「フラフラしてしまった」など、体重は減ったもののその代償として様々なデメリットを感じたケースも多いのが事実。
身体に良くない過激なダイエット法かと思ってしまいますが、正しく行えば健康に痩せることが出来ます!
今回は「正しい低炭水化物ダイエット」についてお話したいと思います!

■無理な炭水化物ダイエットはとても怖い!

「低炭水化物ダイエット」よりも「炭水化物抜きダイエット」という言葉の方が実はよく耳にしませんか?
大半の方がダイエットと意気込んでご飯やパンを一切やめてしまうようです。これ、実はかなり危険な行為!
人の体は「炭水化物・タンパク質、脂質」を3大栄養素として生命を維持しています。
その三大柱の炭水化物を抜いてしまえば、体は栄養失調の状態に。
ダイエット以前に、日常生活を送るのも困難になってしまうんです!

■炭水化物が足りないと・・・

では炭水化物が不足したことによって体に及ぼす影響をいくつか紹介していきます。

◎集中力、やる気の低下

炭水化物はエネルギーそのものです。つまりエネルギー不足になった体は正常は正常に働かずボーっとしてしまったり無気力を誘発してしまいます!

◎体臭がキツくなる

炭水化物を摂らないと、体は脂肪を分解してエネルギーを得ようとするのですが、その時に“ケトン臭”というものが発生します。
甘酸っぱいワキガのような悪臭で、主に、口臭や汗、尿などから臭ってきます。

■「食べない」のではなく「減らす」

これらの症状を招かない為にも、大事なのは炭水化物を効果的に摂取すること。
具体的な方法としては、◎夜だけ抜く◎運動前に摂るなどです。
大体1日で最低200g前後は摂るように心がけましょう!
ご飯なら1日にお茶碗に軽く2杯分、パンだと6枚切り食パンを2枚か3枚くらいですね。
大事なのは必要以上摂らないということ!

■炭水化物を嫌わないで!

炭水化物をダイエットの敵とばかり思って倦厭しちゃいがちですが、健康な美しい身体作りには欠かせない栄養素です!
無理な炭水化物ダイエットをしている方は是非一度見直してみてくださいね。