一重さんでも「メザイク」をマスターすればパッチリドーリー二重になれる!


メザイク

二重メイク用アイテムとしてすっかり市民権を得た「メザイク」。普段から愛用している人も多いのでないでしょうか?
アイプチに比べて目立ちにくいことで人気を博しているメザイクですが、そのクオリティーゆえに習得するまでが大変!扱いが難しいんです。
そこで今回は、まだ使ったことのない方、使ってみたけど上手く出来ないという初心者さんの為にメザイクのつけ方を改めてレクチャーしたいと思います!

■長かったアイプチの時代・・・

今までの二重メイクといえばアイプチが主流でしたが、アイプチはノリで瞼同志をくっつけることで二重を作るのでどうしても下を向いた時に瞼が突っ張り不自然な感じに。
メイクが薄いと一発でアイプチだとバレてしまいます。時間が経つとノリのカスが白く浮いてきてしまうのもウィークポイントのひとつ。

■瞼をくっつけないから下を向いても自然!

メザイクの原理を簡単に説明しますと、マイクロファイバーという伸び縮みする細いテープのような繊維を二重のラインに食い込ませて溝を作り二重をキープするというもの。
利点は、・肌にノリを塗らないので肌が弱い人でもかぶれたりする心配がない・くっついていないので下を向いても不自然じゃない・水や温泉、汗や皮脂にも強い・アイメイクも自由に出来るなどなどたくさん!

■レッツトライ!

それではメザイクの正しいつけ方とコツを紹介します!

1)瞼の汚れや皮脂などをオフ

2)二重を作りたいラインを決め、付属のプッシャーで軽く押し込み線を付ける
この時に自分に一番馴染むポイントを探すことでとても自然な仕上がりになり、またも自然の二重瞼になりやすいです!

3)決めたラインに合わせてメザイクを伸ばして貼り付けます。
コツとしては、メザイクをちょっと長めに(7センチくらい)伸ばしながら貼り付けると綺麗に食い込みます。
また、ファイバーをのばしてから瞼に乗せるのではなくて、瞼にの上で伸ばしていくことがポイント!

4)再びプッシャーで二重のらいんを押し込みメザイクをなじませます。

5)最後に余った部分を怪我に注意しながらカットしていきます。

以上です!
メザイクは必ずメイクの一番最初に行うようにしてください!

■メザイクは一日にしてならず・・・

これだけのシンプルな工程ですが、慣れるまではなかなか上手に出来ないもの。
その為、より多く回数をこなすのが上達までの一番の方法!
一重の人はもちろん、もともとの二重より幅を広げたいと言う人にも重宝されているメザイク。マスターしてあなたもパッチリおめめを目指してみては・・・♪