メザイクデビュー!初心者でも簡単に出来る小技テクニック


メザイク

一重さんの強い味方であるメザイクやアイプチ、アイテープ。中でもメザイクは慣れるまで難しいと言われていますよね。そこで失敗しないコツや裏技をご紹介します!

■メザイクとアイプチの違い

どちらとも二重メイクに欠かせないアイテムですが、何が違うのでしょうか?

○メザイク

伸縮性があるストレッチファイバーをまぶたに食い込ませ、二重にする。
 ・二重まぶたの形や幅を自由に作れる
 ・目を閉じたときも自然でバレにくい
 ・のりやテープを使用しないため、お肌に優しい
 ・ウォータープルーフなので汗にも強く、入浴や水泳もOK
 ・アイシャドウやマスカラなどアイメイクが自由にできる

○アイプチ

専用の接着剤でまぶたをくっつけて、二重をつくる。
 ・しっかりと接着させるので、長時間二重をキープできる
 ・低価格で手軽に使える
 ・接着剤により、まぶたの皮膚がかぶれることがある
 ・ウォータープルーフでないものは水に弱い

■初心者さんのための!メザイク講座

いいことづくしのメザイクだからこそ、慣れるまでが大変・・・
正しいメザイクのやり方をおさらいしましょう。

(1) 二重の位置をプッシャー(ヘアピンでも代用可)で押して決める
(2) 目幅より少し長めに引っ張り二重ラインに食い込ませる
(3) 二重のくせが全くない人は両端をアイプチで軽く固定し、余分な部分をカット

まぶたが重くてうまくできない人は、下地としてアイプチを塗るのがおすすめ。取れるのが怖い人も、アイプチと併用することで更に綺麗なぱっちり二重に!

■ギャルが考案!自分で作る絆創膏メザイク

憧れの二重になれるメザイクですが、他の二重メイクのアイテムと比べコストが高いのが難点・・・。お金をかけずに二重になりたい!と考えた女の子たちが目をつけたのが絆創膏です。絆創膏の中でも向き不向きがあり、一番人気が100均の透明絆創膏です。
使い方は絆創膏を必要なだけ切って、あとはメザイクと同じ手順です。絆創膏なら元々皮膚に使用するものなので、かぶれる心配もありません!

二重メイクを続けていたら、自然と二重のラインがつくこともあるそうです。何度も練習を重ね、コツをつかんでぱっちり可愛い瞳になっちゃいましょう!