女は30歳から!真の『オトナの女性』になる前に身につけておきたい3つの事♪

オトナ女子

20代も半ばを過ぎた頃から女性はいわゆる「オトナ」を少なからず意識し始めるのではないでしょうか。“女は30代から”という言葉もあるように、いよいよこれからが女性の本当の美しさが引き立ってくる歳です!
そこで今回はオトナになる為に必要な、30代に突入する前に身につけておきたいアイテム&ステイタスを紹介したいと思います!

■質の良い靴とバック

これまでは小物よりも洋服そのものに力を入れていた人も多いと思いますが、これからは断然、靴とバックにこだわって頂きたいです!
バックは様々なハイブランドがメインアイテムとして掲げている程、重要性が高い物。しかし、ブランド物のバッグ=質の良いバッグ、というわけでは決してありません。
お手入れやお直しを繰り返しても一生付き合っていきたいと思えるようなバックに出会うことが大事なんです。

イタリアには昔から「いい靴はあなたを素敵な場所に導いてくれる」という言葉があり、ファッションにおいてとても靴に重きを置く風習があります。
靴というのはとても奥深いアイテムで、その魅力に取りつかれている人は世界中にいます。
お洒落は足元からというように、質の良い靴はバック同様、全体のイメージを変える程の力を持っています。

■お気に入りの香りを見つける

香水に限らず、コロンやアロマ、柔軟剤などでもいいです、自分のお気に入りの香りを見つけて身につけてください。
香りは時に見た目よりも強烈にあなたの印象を相手に与えます。例えノーメイクでも、Tシャツにジーンズというラフスタイルでも、そこに香りがあるだけで一気に色気を放つことができますよ♪

■いつも思いやりの心を

オトナの女性に欠かせないステイタスはやはりここに尽きるのではないでしょうか。
人に思いやりをもつことで様々な答えが明確になってきます。
若い女性にありがちな、人を振り回すような喜怒哀楽を露骨に表に出すことも少なくなると思いますし、秩序を乱す身勝手な行動も無くなり、さり気無く相手に気遣いの言葉をかけられるようになるのではないでしょうか♪
言葉使いもおのずと柔らかくなってくるでしょう。

■オトナってつまり…

オトナの女性とは、自分も相手も同じくらい大切にできる人の事をいうような気がします。
ポイントを押さえたお洒落も、本来の自分を引き立てるためのベストな方法ですよね。力を入れるところと抜くところ、そのさじ加減こそがオトナの技量ではないでしょうか。
これらを参考に皆さんも、真の“オトナの女性”を目指してみてはいかがでしょうか♪