ちょっと難しいけど大事な話『トランス酸脂肪』の恐怖と日本の女性との関係を知ろう!

トランス酸脂肪

皆さんは『トランス脂肪酸』という言葉を聞いたことがありますか?
マーガリンなどに含まれる成分なのですが、何やらこの『トランス脂肪酸』が今世界で物議を醸しだしているそうなんです。
そして私達日本の女子も他人事ではいられない様子…?今回はダイエットにも繋がる『トランス脂肪酸』についてのお話です!

■トランス脂肪酸って??

トランス脂肪酸とは先にもあるように、マーガリンやショートニングなど植物性脂を加工した油に含まれる不飽和脂肪です。

トランス脂肪酸を多く摂取すると悪玉コレステロールを増やし善玉コレステロールを減らすという作用があり、動脈硬化、心臓疾患、ガン、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなど様々な病気を誘発することが分かっているんだそうです。

その為、アメリカをはじめとする世界各国では、このトランス脂肪酸に対し様々な規制を実行していて、カリフォルニア州やニューヨークでは全レストランで使用禁止しているそうなんです!
そんなに危険な成分だなんて知っていましたか??

■日本人女性の24%が…

WHOは最大摂取量を「1日当たりの摂取エネルギー量の1%未満」にとの勧告をしています。
では、なぜ冒頭に私達日本の女子も他人事ではいられないと書いたかといいますと、内閣府の食品安全委員会が「国民健康・栄養 調査」を行った結果、日本女性の24.4%(特に都市部在住30~49歳)がこのWHOが定めた基準値を超えて摂取していることが分かったんです…!
その原因としては菓子類などを多く摂取していることがあげられました。

これは忌々しき事態・・・

■身近な食べものに潜む恐怖

では、日常のどのような食べ物にトランス酸脂肪が含まれているか、いくつか挙げてみたいと思います!

◎油脂類
マーガリン、ピーナツバター、コーヒーのクリーム

◎お菓子類
ケーキ、アイスクリーム、チョコレート、クッキー、クラッカー、菓子パン、ポテトチップス

◎インスタント食品、レトルト食品
カップ麺、インスタント麺、缶入りのスープ、カレーやシチューのルウ

◎ファーストフードやファミレスのメニュー
チキンナゲット、フライドポテト、フライドチキン

◎冷凍食品
唐揚げ、ピザ、魚の唐揚げ、コロッケ、天ぷら

その他、ジャンクフードと呼ばれるものにはほとんど含まれています。

■健康は規則正しい食生活から!

とは言っても、これらの物を全く食べてはいけないわけではありません!あまり神経質になりすぎても生きて行きづらくなってしまいますからね。摂りすぎに気を付ける事が必要。

また、スーパーなどでも「マーガリン・ショートニング・加工油脂」と表記している製品はなるべく避けるなどして対策しましょう。
ジャンクフードと呼ばれるものはダイエットや美容にもよくありません、どの面からみても、やはり大事なのはバランスの取れた規則正しい食生活を心掛けることなんですね。