ダイエット中【甘い物が食べたい!!】そんな時、たった一粒であの衝動が和らぐ食べ物が…!


ダイエット

いよいよ春も間近!きたる薄着の季節に向けてダイエットを始めたと言う方も多いのではないでしょうか??
ダイエット女子にとって辛い砦となってくるのはやはり「甘い物食べたい衝動」!
この衝動にいったいどれだけの女子がダイエットを挫折させれられたことか…笑
そこで今回ダイエット中に甘い物が食べたくなった時の対処法を紹介したいと思います!

■なぜ来る?魔の甘い物衝動!

無性に甘い物が食べたくなる時はいったいどんな状況だったか考えてみると【疲れた時】【よく動いた時】【イライラした時】などではないでしょうか?

人は甘い物に含まれる糖質や脂質から生命活動に必要なエネルギーを作り出すシステムになっています。
その為【疲れた時】【よく動いた時】【イライラした時】など多くエネルギーを使った時には疲労を回復する燃料として糖質が必要になるので“甘い物が食べたい”という生理的欲求が起こるのです。

■甘い物と同時に欲しくなるのは…

甘い物が食べたくなる時、同時に酸っぱい物が食べたくなったという経験はありませんか?
「疲れた時には酸っぱい物」ということも良く聞きますが、これにもちゃんとした理由があるんです!その疲労回復の為に大事な役割を担っているのが「クエン酸」。

梅干やお酢、レモンなどの柑橘類、果物に多く含まれているクエン酸は、先に記した糖のように身体の中でエネルギーを作る為に欠かせない独自のシステムをもっています。
クエン酸不足になるとシステムの働きが落ち、身体の中では疲労物質である乳酸が作られ、エネルギーに変えられなかった物は脂肪として溜まってしまうんです!

それを防ぐ為にも、私たちの身体は疲れた時には酸っぱい物を欲しがるようになっているんです。

■果物と梅干しがいい?

上のような理由から【甘い物が欲しくなった】→【身体が疲れている】→【糖とクエン酸を補給!】という公式がなりたちます!

糖とクエン酸を手っ取り早く補えるものとしてはやはり「果物」がオススメ!
ショ糖とクエン酸が身体の疲れを取り、甘い物食べたい衝動を取り払ってくれます。
とは言っても、甘い物が食べたくなった時に果物を食べられる環境にない時の方が多いと思います。そういう場合は「梅干し」を食べてみてください!
梅干しはクエン酸を豊富に含んでいるので一時的に甘い物食べたい衝動を解消してくれます!

クエン酸は体内で1時間ほどで消費されてしまうので、食事の際に果物や梅干しを添えてこまめに補給することで、甘い物の間食を防げます!

■グッとこらえて!

ダイエット中、甘い物が食べたくなったら、そこはグッとこらえて真逆とも言える酸っぱい梅干しを一粒食べてみてください!もちろんコンビニなどでも売っているカリカリ梅でもOK。衝動を上手にコントロールして、ダイエットをスムーズに進めましょう♪