人ごとじゃない!?20代からのがん検診


がん検診

子宮頸がん検診を受けたことはありますか?「がん検診なんてまだ早い」なんて大きな間違い!ここでは20代からのがん検診の大切さについてお話したいと思います。

現在20歳からの子宮頸がん検診が実施されています。しかし日本においての子宮頸がん検診受診者は23.7%にしかすぎず、アメリカ82.6%、フランス74.9%と比べとても低いです。
でも、子宮頸がんは「検診を受けること」で確実に予防することができ、20歳から子宮頸がん検診を受けることが勧められています。

■子宮頸がんとは?

20~30代の女性が発症するすべてのがんの中で第1位。日本では1日に約10人の女性が子宮頸がんによって死亡しているんです。
子宮の入り口付近にできるがんを、「子宮頸がん」といいます。
子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。たとえ妊娠や出産を望まない女性であっても、後遺症が残り仕事や生活に影響するなど失うものは多大です。また、がんがもっと進行した場合、命へも重大な影響を及ぼすおそれがあります。

■まずは検診を受けましょう

子宮頸がんは定期的な検診によってがんになる前の状態を発見することができ、がんになる前に治療が可能な病気なんです。検診そのものもわずか5分程度で終わるとても簡単なもの。あなたの子宮と命を守るために、症状がなくても、1~2年に一度の検診をおすすめします。

■検診の種類と費用

自治体が実施している住民検診は、検診場所、対象となる年齢、実施時期にも制限がありますが、補助により比較的安く受診することができます。費用は自治体によって異なりますが、無料~2,000円程度のところもありますので、一度自分の住む自治体へお問い合わせいただくことをおすすめします。また、個人でも婦人科などで子宮頸がん検診を受けることもできます。この場合、費用は全額自己負担となるため、住民検診などよりも割高になりますが、症状がある場合や精密検査のための受診の場合には、保険適用となります。

若いうちから受けるがん検診の大切さを少しでもおわかり頂けたでしょうか?自治体の実施状況などを調べて出向いて、確かに手間ではありますが、未来のあなたの為に早めの検診をお勧めいたします!