唇の見え方で魅力も増大!リップやグロスの正しい塗り方


リップの塗り方

唇を美しく見せるメイクにもいろいろなテクニックはありますが、まずはリップメイクについての正しい塗り方を知っておく必要があります。

■まずはリップケアから

唇はほかの皮膚と違い荒れやすいという欠点があります。ですので、毎日の保湿ケアは欠かさないようにしましょう。唇が荒れている上にどんなメイクを施したとしても、全く魅力的には見えないのです。
まずは下地として、リップクリームを使いましょう。これは毎日のケアとしてのクリームだけではなく、唇を乾燥することなどから守ることができます。また、唇のシワの間に入り込んで唇をよりきれいに見せてくれる効果があります。

■リップライナーについて

次にリップライナーでラインをきちんとしましょう。唇と皮膚の境目は実はあいまいなので、縁取りをしてきちんとしたメイク感を出すことも大事です。

■ルージュの塗り方

そして、口紅(ルージュ)を利用して上から色を整えましょう。この場合はきれいに見せるだけではなく、艶出しや保護などの効果もあります。ラメやパールによるニュアンスの変化も可能です。

■グロスの塗り方

そして、口紅(ルージュ)を利用して上から色を整えましょう。この場合はきれいに見せるだけではなく、艶出しや保護などの効果もあります。ラメやパールによるニュアンスの変化も可能です。
最後に上からグロスを塗りましょう。グロスは色つきのものもあれば色なしのものもあります。色つきのものであれば下地とグロスだけで潤い感や艶感を演出することも出来ますし、口紅と併用して色やニュアンス感を少し変え、印象を変化させることが可能になります。また口紅の色落ちを防ぐこともできますし、口紅の色が飽きてしまった時に色を換えてちょっと雰囲気を変えたりすることも可能になります。

口元のメイクで欠かせないのは潤い感です。特に唇に艶や輝きを少し与えるだけで、だいぶ印象は変わってきます。また口元は食べ物を食べたり話をしたりするのでどうしても落ちやすいという欠点がありますので、こまめに化粧直しをしたい場所でもあります。