CPSって?知っておきたい男の性戦略


CPS

CPSという言葉を聞いたことはありますか?
おそらく女性のほとんどは、CPSって?と知らない方が多いと思います。
今回は男性が裏で使っている単語『CPS』について語りたいと思います。

■CPS=セックスにたどり着くまでにかかるコスト

CPS=Cost per sexの略語です。つまり、1セックス獲得するためにいくら使うのか、ということ。この場合のゴールは、恋人になるや付き合うではなくセックスです。そもそも恋愛の対象ではない女性に対して、いくらまで投資すればヤレルのか、というお話。
純粋な女性は、そんなこと考えている男性なんていないでしょ〜、と思うでしょう。しかし、実際こういったことを常に考えている男性は数多く生息しています。いくらかけてもヤレない、と判断した場合、男性はCPSをもとに損切りをするのです。

■目標CPSはいくらなのか?

では目標CPSはいくらなのでしょうか?
CPSがお店でかかる金額以上になると意味がないと言われています。平均目標CPS=2万円といったところでしょうか。相手の女性によっても変動するようですが、平均2万円ってどうなんでしょうか?1回の食事につき、5000円奢ってもらっていたとします。その場合、4回目の食事の後ホテルへいくという計算になります。4回もデートしてセックスが目的だった場合、もはや時間の無駄です。時間の代償が大きすぎる。コストにホテル代まで含めようとする人の方が多いようです。その場合、ホテル1万円と仮定して、食事2回の後にホテルに行くという計算になります。

■女性としてどう対応すべきか

CPS男に対して、どう対応すれば良いのか、それは簡単です。
誘いに乗らなければいい。それだけです。
女性は優しいので、こんなに奢ってもらって断れないと思ってしまったり、もしかしたら私のこと好きなのかもしれないしなんて思ってしまったりするかもしれません。
しかし、それでは相手の性戦略に見事にはまってしまうことになります。
投資させて、損切りさせる。それでいいのです。

いかがでしたでしょうか?
男性は操られているようにみせて、裏ではしっかりとコントロールする。そんな女性を目指しましょう。