今年もやってきた…!ツライ花粉症、あの食べ物で改善!あの食べ物は逆効果?

花粉症

長かった冬もようやく終わりが見えてきて春はもうすぐそこ!
しかし、春が来ると言うことはそうです、あいつも一緒にやってきます…そう「花粉症」ですね。発症している人は毎年本当にツラそうですよね。
そこで、少しでもその症状が軽くなるように、今回は花粉症の時期に気を付けたい“食事”についてのお話です!

◆薬に頼りたくない!

ツラ過ぎる花粉症の時期。どうにかしたいけれど、薬を飲むと頭がボーっとしたり眠くなったり、値段だって安い物ではありません。そのため出来るだけ薬に頼りたくないという人も多いと思います!
そんな人は是非普段の食生活を見直してみてください!

◆良い物・悪い物

それでは花粉症に効果的な食べ物を紹介します!

◎ヨーグルト

腸内環境を整えることは体質改善への近道です。
なんと1日200ml以上のヨーグルトを1年間摂取した人のうちの3割が花粉症の症状が軽くなったという実験結果が報告されてます!

◎にんにく

ニンニクに含まれるNK(ナチュラルキラー)細胞という物質が活性化すると、アレルギー性の過剰な免疫反応が抑制され、抗体の産出を抑制してくれるので、その結果花粉症の症状も緩和されます!ためねぎやニラにも同じ効果が期待できます。

◎ニガリ

豆腐を作る時に使われるニガリには豊富に「マグネシウム」が含まれています。マグネシウムは花粉症に効果的です!
ご飯を炊くときに数滴入れたり、沢山入れないかぎり味を変えることもないので汁物などにも。スーパーで購入することが出来ます。

次に花粉症に悪影響を及ぼす食べ物を紹介します!

◎バナナ、キウイ、パイナップル

これらの果物はセロトニンという、花粉症を悪化される物質を含みます。できるだけ避けた方が良いでしょう。

◎トマト・ほうれん草・なす・タケノコなど

これらの食物はヒスタミンという物質をを多く含んでいるのでこちらもNG。

◎インスタント食品やファストフード

これらは、トランス脂肪酸を多く含む食品で、免疫系への悪影響が懸念されています。

◆アレルギーは規則正しい生活で撃退!

以上の食材に気を付けながら、バランスの良い食事を心掛けることで花粉症の症状は改善されてくると思います!
とはいっても、あまりにツライ場合には我慢せずに病院へ行ってくださいね!