失敗しないために知っておきたいヘアサロンメニューの違い part 1


ヘアサロンメニュー

『髪は女の命』これは今も昔も変わりません。サロンに行った後は後悔したくないものです。失敗しないためにもサロンのヘアーメニュー、言葉自体は知っているけど意味がはっきりしないことや、内容が似ているものの違いを知って新しいヘアースタイルを楽しみましょう。

★ヘアマニキュアとヘアーカラー違いは?

 これらの2つの言葉はすっかり定着していますが、ハッキリした2つの違いは意外に知られていなくて同じものだと思っている人が多いメニューの1つです。共にカラーリングの種類ですが、実は方法や仕上がりは全く違うのです。

・ヘアーカラーとは?

 一般的に「アルカリヘアーカラー」を指します。これは髪のメラニン色素を分解し脱色しながら髪の内側に染料を染みこませて色を定着させます。そのため色持ちや発色がいいことが仕上がりの特徴です。

・ヘアマニキュアとは?

 ヘアーカラーとの大きな違いは、へアマニキュアはメラニン色素を分解せず染料を浸透させ定着させていきます。つまり髪本来の色は変えずにカラーで髪の表面をコートするものです。へアーカラーに比べて色落ちしやすいのですが、髪へのダメージは少なく紫外線からのダメージを抑えられるというメリットがあります。

 2つのカラーリングの特徴を生かして髪のダメージや色味などに合わせてスタイリストに相談してカラーリングの方法を決めましょう。

*ちなみにブリーチは染色とは異なります。
 ブリーチはメラニン色素を分解して脱色してしまうことです。そのため髪へのダメージは否めません。ブリーチ後のトリートメントは念入りにしましょう。