童顔メイクでキュートに♪可愛くて優しい女性を演出!


童顔メイク

若々しく見られる顏の童顔。子供のようなあどけなさを演出することで、お人形の様な可愛さを手に入れることができます!

■黄金比ではなく白銀比?

世界基準で最も美しいと言われる顔の黄金比は、顔のまわりに四角形を作って縦:横の比率が1:1.6と言われています。しかし日本では、縦:横の比率が1:1.4の正方形気味の白銀比と言われる比率が最も好まれるそうです。お人形の代表リカちゃん人形も白銀比であり、まさに童顔の代表ですね。

■イメージは赤ちゃんの顔

子供の顏の特徴としては

・顔の形が丸い(あごや頬骨など立体感がない)
・おでこが広く、パーツが顔の中心に寄っている
・顔の面積に対して鼻が小さい
・顔の面積に対して目と耳が大きく、目と目が離れている、黒目が大きい

赤ちゃんをイメージすると分かりやすいですね。

■あか抜けた童顔を手に入れる!

童顔を意識しすぎると、何となく野暮ったい印象になってしまいます。そこで、洗練された童顔に近づけていきましょう!
おさえたいポイントは

・ブラウン系のアイシャドウでタレ目気味のデカ目を作り、目尻を強調する。
・眉は太め、短め、やや平行を意識する
・キラキラのアイシャドウで涙袋を強調
・ピンク系のチークを顔の中心辺りに丸く入れる
・鼻筋や顔のシェーディングはあえてしない
・グロスで少し厚めのぷっくりとした唇を作る

■メイクに合わせた髪型

童顔メイクに似合う髪型は、断然黒髪です!また、前髪を作ることで見えている肌の面積が減り、顔の中の目の割合が大きくなり目が大きく見えます。黒髪にしたくないという方は、前髪から作ることをオススメします。

童顔で人気のあるモデルさんや女優さんもたくさんいます。むやみに童顔に近づこうとするのではなく、ポイントをおさえることが大事ですね。大人っぽく年相応に見られないという方も、童顔メイクを取り入れるだけで愛されドールフェイスになれちゃいます!是非挑戦してみてください。

関連リンク
・童顔メイクで愛され顔に変身できる簡単なやり方とは?