つら~い生理痛は○○の香りで女子力を高めながら解決!!


生理痛

女性にとって避けられない悩みといえば「生理痛」ですよね。重度の痛みを伴う人はもちろん、軽い痛みで済む人も、生理中は決して気分が良いものではないでしょう。ところがこの生理痛、アロマの力で改善することができるというのです!今回は、生理周期に合わせたおすすめアロマをご紹介します。

■【月経期】月経周期の第1日~4日

子宮に大きな変化があるため、生理痛を感じたり、体がだるくなったりします。

≪おすすめアロマ≫
・ゼラニウム

痛みを和らげたり、女性ホルモンを調整する効果があります。更年期障害に悩んでいる方にもおすすめです。ローズ調の香りであれば、抑うつ感情を鎮める効果もあるので、生理中もポジティブな気分で過ごすことができるでしょう。

■【増殖期】月経周期の第5日~14日

次の生理に向けた準備の時期。最も妊娠しやすい時期とも言われたりします。

≪おすすめアロマ≫
・グレープフルーツ
・ブラックペッパー

生理が終わりに近づき、心も体も軽く感じる時期ですね。実は、この時期は身体の代謝も上がり、最もダイエットに適した時期とも言われています。リンパ系に刺激を与えるグレープフルーツの香りや、消化器官の活動を促進するブラックペッパーの香りで脂肪を燃やし、キレイな体を手に入れましょう。

■【分泌期】月経周期の第15日~次の生理開始前

排卵後~生理前まで。いわゆるPMS(生理前症候群)が起こる時期です。下腹部の痛みや胸の張りを感じたり、イライラしたり、食欲の変動が起きたりします。

≪おすすめアロマ≫
・ベルガモット
・クラリセージ
・ペパーミント

イライラ感を解消するにはベルガモットがおすすめです。不安定な感情を調整してくれます。クラリセージは、女性ホルモンに関わるトラブルを改善する働きを持っています。高いリラックス効果が期待できるため、出掛ける際よりも就寝時や入浴時に使用すると良いでしょう。
また、生理前は消化器官の働きが鈍くなり、便秘に悩む人が多くいます。そんな時はペパーミントがおすすめです。便秘や腹部の膨張を解消し、すっきりした気分にさせてくれます。

いかがでしたか?
アロマはハンカチなどに1滴落として持ち歩いても良いですし、お風呂に入れたり、マッサージに使用したりと様々な楽しみ方がありますね。
薬を服用する時のように副作用に悩む心配もないので、皆さんもぜひ試してみてください♪