臭くない?サラサラ汗をかく方法


汗をかくことが多い季節。満員電車やオフィスなどで隣り合った人に、汗臭さが伝わっていないか不安で仕方がないという人もいるのではないでしょうか?

そんな人のために、「臭くない汗をかくためのトレーニング法」をご紹介します。

 

制汗対策

 

■ベタベタ汗とサラサラ汗

汗を分泌する細胞の集まりを汗腺と言い、ベタベタして臭い「エクリン汗腺」と、サラサラしていてあまり臭わない「アポクリン汗腺」の二種類があります。

エクリン汗腺は全身にあり、手のひらや足の裏に多く存在します。一方、アポクリン汗腺は脇の下や耳の中などにある毛穴に付着しており、ワキガなどの原因となっています。

 

■代謝を高めて汗の質も高める!

汗腺の働きを良くするには、代謝を高めることが一番です。

簡単にできる以下の3つの方法がおすすめです。

 

〇冷房を控える

涼しい部屋ばかりにいると、外に出た時にドッと汗が湧き出てきてしまいます。

適度に外に出るなどして、暑さに触れるよう心がけましょう。

 

〇半身浴をする

1ヵ月ほど半身浴を続けることで、汗腺の働きを改善することができると言われています。

暑い日にはクールタイプの入浴剤を入れると良いでしょう。

 

また、以下の2つの方法は、家の中にあるもので簡単に実践できます。

・緑茶風呂

ティーパックのお茶を2~3袋湯船に入れます。

殺菌、消臭効果があります。

・酢風呂

普通の酢ならコップ1杯、黒酢ならおちょこ1杯分を湯船に入れます。

酢に含まれるクエン酸や酢酸が代謝を高め、雑菌の増殖を防いでくれます。

 

〇温かい飲み物を飲む

冷たいもの飲み物ばかり飲んでいると、身体を冷やしてしまいます。

代謝を高めるためにも、なるべく温かい飲み物を飲むようにしましょう。

 

代謝を上げたいけど、なかなか運動をする時間が取れないという人は、家で簡単にできることから始めてみてはいかがでしょうか。