ふんわりまとって女子力UP!奥深い香水の世界を知る…


香水

人の印象を決めるうえで「香り」はとても重要な役割を果たします。
そこで今回は香水やコロンの正しい付け方と、香りが長続きする方法を紹介したいと思います!

■香水基礎知識

香水と一言でいっても4種類に分類されます。
香水は基本的に香料・エタノール・水で出来ています。この中のエタノールの濃度によって分けられ、持続時間や使用法が変わってきます!

◎ パルファン

エタノール濃度は「15~30%」持続時間は「5~12時間」
つけるときはほんの一滴で十分香る。価格を高めに設定するメーカーが多い。本来、このパルファンのことを香水という。

◎オードパルファン

エタノール濃度は「10~15%」持続時間は「5~12時間」
パルファンに近い香りを楽しめる。パルファンより価格を抑えている商品が多い。

◎オードトワレ

エタノール濃度は「5~10%」持続時間は「2~5時間」
日常的に使いやすい濃度と価格で、現在の香水市場の主役。

◎オーデコロン

エタノール濃度は「1~5%」持続時間は「1~2時間」
薄くライトに香るので気軽につかえます。

お手持ちの香水はどの種類でしたか?
このタイプによって、香水をつけ直すタイミングが変わるので要チェックです!

■手首に付けるのはマナー違反?

香水のつけ方として一般的に広まっているのは両手首に出した香水を擦り合わせ、それを首元にこすり付けるというもの。
実はこの方法、間違っているんです!
というのも、首や耳の後ろは自分と相手の顔に近いので香りが強すぎてしまいます。
また、手首は食事をする時に香りすぎてしまうので、マナー違反になってしまうことも。

では正しい香水のつけ方を紹介したいと思います!

◎下半身に付ける

意外ですが、香水はウエスト、太ももの内側、足首の内側などに付けるのがオススメです。
香りは下から上に立ち上るので、ふんわりと全身をカバーしてくれます。

◎胸の谷間に付ける

体温が高いので香水自体が柔らかな香りになり、また長持ちします。
胸より上に付けると香りが強すぎるので注意が必要。

◎洋服や持ち物に付ける

ハンカチやスカートの裾に少しつけておくと、ふとした瞬間にさり気無く香って効果的です!

香りはとても大事なツール。だからこそ周りへの配慮がとても大事になってきます。
香水をつけた自分自身にも香るか香らないか程度のごくごくかすかな香りがベスト!
皆さんも芳しい香りを纏って女子力をあげてみてはいかがでしょうか♪