アンチエイジングケアのために『カリフラワー』を食べるべし!!

カリフラワー

「アンチエイジング」は美を追求する人にとって、永遠のテーマですよね。最近では年齢の高い世代だけでなく、若いうちからアンチエイジングケアをする人も増えているそう。そんな美意識の高い方々におすすめの食材が「カリフラワー」です。今回は、カリフラワーの美容効果についてご紹介します。

■緑黄色野菜じゃないのに栄養豊富??

体に良い食材というと「緑黄色野菜」をイメージする方が多いと思います。カリフラワーは緑黄色野菜ではなく淡色野菜ですが、女性に嬉しい栄養分がたくさん含まれています。

カリフラワーは見た目がブロッコリーに似ていますよね。どちらもキャベツの仲間で、ブロッコリーの方が栄養価が高く、生産量も勝っています。しかし、カリフラワーには、ブロッコリーよりも鮮度がもちやすく、栄養分が水に流れにくいという決定的な特徴があります。茹でても栄養分が流れ出る心配をしなくて良いということです。

■シワや乾燥肌を防止

カリフラワーには、ビタミンCがレモンの約2倍も含まれているそうです。これがシワや乾燥肌を抑制する働きをします。また、食物繊維も豊富に含まれているので、便秘を改善し、老廃物を除去するにはとっておきの野菜です。皮膚や髪を健康に保ったり、ホルモンバランスを整える作用のあるビタミンB6もたっぷり含まれているため、まさに女性向きの食材と言えるでしょう。

■意外と知らない!?カリフラワーの下ごしらえ法

カリフラワーを普段あまり食卓に並べない人の中には、下ごしらえ法を知らないという方もいるのではないでしょうか。ブロッコリーの下ごしらえ法とは少し異なります。

【カリフラワーの下ごしらえ法】
1.葉っぱのついた茎部分を切り取って捨てる
2.鍋にお湯をたっぷり沸かし、塩を小さじ1杯入れる
3.房を下にし、カリフラワーを入れる
4.4分茹でたらそのまま10分間放置する
5.ざるに上げ、房の根元を切る(根元を切れば上部も分離します)

白さを保つために小麦粉やお酢を入れて茹でるという方法もあるそうですが、基本的には塩だけで十分です。

■カリフラワーで毛深くなる!?

ここまでカリフラワーの魅力について述べてきましたが、注意点があります。カリフラワーを始め、ブロッコリーやキャベツ等の野菜には、体毛を薄くする働きのある女性ホルモンを減らし、男性ホルモンの生成を促してしまう働きもあるそうです。
健康や美容に良い野菜であることは間違いないのですが、食べ過ぎには気を付けた方が良いでしょう。

いかがでしたか?
カリフラワーは今の季節が旬の野菜です。ぜひ今夜の夕食に取り入れてみてください♪