紫外線対策のためのサングラス選び


ちょっとした買い物や、仕事での用事など、少しの外出でも日焼け止めを塗ったり、日傘を持ち歩く女性はたくさんいます。

しかし最近では、「目から取り込んだ紫外線がメラニンを増やし、肌にも影響を与える」という説が出てきています。

せっかく肌への対策を万全にしても、目から吸収した紫外線によってシミやそばかすができるなんて嫌ですよね。

そこで今回は、紫外線対策のための正しいサングラスの選び方をご紹介します。

 

紫外線対策

 

 

■ファッション用はNG

消費者庁は『家庭用品品質表示法』において、サングラスを「サングラス」「偏光サングラス」「ファッション用グラス」の3種類に分類して表示することを義務づけています。中でも「ファッション用グラス」と表示されているものは、紫外線をカットする機能が低い可能性が高いです。

 

また、商品表示には『紫外線透過率』(紫外線を透過する割合)が書かれています。紫外線透過率が1%であれば紫外線カット率は99%ということになり、その値が低いほどUVカット率が高くなるのです。より高い紫外線防止効果を求めるのであれば、紫外線透過率が1%未満の製品をおすすめします。

 

■レンズの色は濃いほうがいい?

サングラスを選ぶ時、レンズの色が濃いほうがUVカット効果があると思い込でいませんか?

レンズの色が濃いと視界が悪くなるため、光をもっと取り入れようと瞳孔が開き、目に紫外線が入りやすくなります。

『レンズの色が濃い=紫外線透過率が高い』というわけではありません。

色が濃ければ眩しさは減少しますが、色が薄くても無色でも、紫外線透過率は商品表示を見て判断するようにしましょう。

 

■顔にフィットする形を選ぶ

目とレンズの隙間から入る紫外線は、角膜周辺で屈折して目の鼻側に集中します。これを「コロネオ現象」といい、顔の正面から入る紫外線よりもダメージが大きいと言われています。

自分の顔の形にフィットし、隙間ができない形状のサングラスを選びましょう。

いかがでしたか?

これまで目を無防備にしてしまっていた人は、この夏、サングラスを活用してみてくださいね!