メイクの時間を短縮できる!?ポイントを押さえた時短メイクとは?


時短メイク

メイクの時短をするためのポイントには、次の3つがあります。

その1、BBクリーム活用術

 1つ目は、BBクリームを使用することです。もしBBクリームがないのであれば、リキッドファンデーションと化粧下地を混ぜて使用するメイク方法もあります。BBクリームには美容液や保湿、日焼け止め、ファンデーション、下地などの効果があります。そのため、時間がないときなどにとても重宝します。

 BBクリームが無い場合には、化粧下地とリキッドファンデーションを混ぜます。このとき、混ぜたものを素早く伸ばし、スポンジで軽く叩きこむことで、ファンデーションの持ちが良くなります。この方法はBBクリーム使用時にも有効なテクニックであるため、普段BBクリームでメイクしている方にもおすすめの方法です。

その2、マスカラの活用術

 2つ目は、マスカラを使用するときに名刺などで汚れをガードすることです。まずは名刺をまつ毛のキワに当てます。この状態のままマスカラを使うことにより、汚れを気にすることなくまつ毛の根本から塗ることができます。マスカラが乾いたら、名刺を取ります。こうすることでまぶたに付着した汚れを取る手間が省け、時短に繋げることが出来ます。

その3、アイシャドウはクリームタイプで

 3つ目は、アイシャドウのクリームタイプを使うことです。クリームタイプは繊細なパールが入ったものが多いことから陰影がつき、目元に立体感が生まれます。塗りすぎることがあっても、ぼかしや色の濃さの調整も簡単にできることから、手軽に使うことができるのも魅力の1つです。

 最後に、メイク後のケアにも時短テクニックがあります。それは化粧水や泡洗顔を省略し、ぬるま湯洗顔とクリームでケアを終了することです。やり方は、ぬるま湯で顔を洗顔後、クリームやオイルなどで保湿するだけです。途中の泡洗顔はどうしてもすすぎ残しが出てしまいますし、化粧水は蒸発してしまいます。そこへ時間を割かないことで、時間を大幅に短縮することができます。

関連リンク
・童顔メイクで愛され顔に変身できる簡単なやり方とは?