顔の産毛処理してる?それは立派な“無駄毛”です・・・!!


無駄毛ケア

女性を悩ませる問題の一つに「無駄毛」があります。その名の通り本当に無駄な毛!(身体的にはきっと必要なのでしょうが…)今の季節はまだいいですが、薄着の季節には念入りに処理をしなければいけません。ひとたび殿方の目に触れようものなら空気は一気に凍りつきます…想像しただけで恐怖ですよね。
わきや腕・足などは皆さんきちんと処理している人が多いのですが、では顔の毛はどうでしょうか?産毛と言えど、ヒゲが生える箇所に存在するその毛の破壊力はわき毛を凌ぐかも知れません…。
今回は顔の産毛処理について詳しくお話したいと思います!

■それって産毛のせいかも?

肌をどんなに綺麗に保ってもファンデーションでいくらカバーしても、どこかくすんで見えることってありませんか?そのくすみの原因は顔の産毛にあるかも知れません!

肌のくすみは表情まで暗く見せてしまいがちです。産毛を剃ることによって肌がワントーン明るくなり、透明感が出ます!

また、しっかり保湿しているはずなのにファンデーションの乗りが良くないと感じるときなども産毛が関係している可能性が考えられます!
産毛を剃ると同時に古くなって浮き上がった角質も一緒に摂り除くことも出来るので、ファンデーションがピタッと肌につくように乗ってくれます。メイク崩れも予防できますよ!

■そもそも顔の毛は剃っていいの?

顔の皮膚はとてもデリケートな部分。その為、むやみに刃物をあてるのはどうなのか?との懸念がわきます。
専門家いわく、『本来産毛の役割は、寒気やホコリ、風からの肌を保護することです。しかし現在はスキンケアで肌の強化や保護もできていますし、さらには洋服や帽子、そして住居のおかげで特に重要な役割があるわけではありません』とのこと。

しかし、先にもあるように産毛処理をする時には角質も一緒に取ってしまうので、頻繁に行うと肌を傷める事になってしまいます。
その為やりすぎは禁物です!いくら気になっても1週間に一度くらいに留めるようにしましょう。

■剃る時のポイント!

産毛を剃る場所は口の周り、鼻の下を基本として、気になる人は頬や顎を抑えておけばOKです!
そして、切れ味の良いカミソリを使って、毛の向きに沿って剃っていきます。
剃った後はしっかり保湿をしましょう!そうすることで後々の肌トラブルを防ぐことが出来ます。

たかが産毛と思うかもしれませんが、されど産毛です。光の加減によってそれは立派な無駄毛に見えてしまうことも…!
きちんとケアして女子力をあげて行きましょう♪