寝る子は痩せる!?睡眠ダイエットとは!

睡眠ダイエット

女性の永遠のテーマであるダイエット。痩せる為に運動をしたり、食事制限をしたり、頑張っているのになかなか痩せない…
そんな方はもしかしたら、意外な所に原因があるのかもしれません。
それは意外な部分、「しっかりと睡眠はとれていますか?」

■ダイエットと睡眠の関係

お肌の為にしっかりと睡眠をとる事は大切だと言われますが、ダイエットと睡眠にはどのような関係があるのでしょう。
それは、私達が寝ている時に分泌されるホルモンが関係しています。
体が睡眠不足のストレス状態の時に分泌される「コルチゾール」というホルモンには、脂肪を溜め込む作用があります。それとは反対に、寝ている間に分泌されるのは成長ホルモン。この成長ホルモンにはお肌や細胞の疲れを修復しようと働くだけでなく、実は脂肪燃焼の作用があると言われているのです!
しっかりと寝る事はお肌の為だけでなく、ダイエットにも実は有効なのです。

■どのぐらい寝ればいいの?

ダイエットに理想的な睡眠時間は、7時間が目安。なんでも、睡眠時間の短い人に比べて7時間の睡眠をとっている人の方が、成長ホルモンの分泌が多いという研究結果が出ているとの事。
更に、成長ホルモンは夜10時から午前3時までの間が多く分泌されると言われています。しかも、成長ホルモンの分泌は入眠3時間で分泌され始めると言われているので、日付が変わる頃にはベッドに入っている事が望ましいですね。では、ここからは体が睡眠モードになりやすくなる簡単な方法を紹介します。

■目が覚めたらまず、太陽の光をあびる

朝起きて太陽の光を浴びると、体内時計がリセットされ大体15時間後に眠気が訪れるそうです。カーテンを開けるなど、太陽の光を浴びる事で体のスイッチをスタートさせ、夜の睡眠に備えましょう。

■寝る1時間前はテレビや携帯を見ない

睡眠を誘発させるホルモンの「メラトニン」はテレビや携帯などの強い光で分泌が抑制されてしまいます。また、体が活動モードになってしまうので、寝る1時間ぐらい前からそういった光は控えてあげるとよいでしょう。部屋の照明を少し暗めの暖色系のものに切り替える事で、自然と睡眠のスイッチが入るそうです。ゆったりと体と心をリラックスさせてあげる為に、好きなアロマキャンドルなどを焚くのもオススメです。

自分なりのリラックス方法を見つけ、良い睡眠をとればダイエットも美肌も目指してみてはいかがですか?