お正月太りとはもう言えない!○○でゆるファスティング


年末年始が過ぎ、気付けばもう2月…。「お正月太りしちゃって…」と言える期間はそろそろ終わり!バレンタインに向けて、お正月のあの食材でゆるファスティングしてみませんか?

◼︎ファスティングとは?

ファスティングとは、断食の事。近頃は一定期間固形物を食べず、食事を酵素ドリンクなどに置き換える方法が主流となっています。全く食べないのではなく、栄養を補給しながら内臓を休ませるのがファスティングのポイント!ファスティングではダイエット効果の他にデトックスや免疫力をあげるなど、様々な効果が期待できます。

◼︎何日も食べないなんて辛そう…

「美容や健康に良いとは言っても、何日も固形物を食べないなんてムリ!」
そんな方には、1食だけ置き換える「ゆるファスティング」はいかがでしょうか。ゆるファスティングならではの置き換え食、それは「甘酒」です。手軽に買えるのはもちろん、お米のつぶつぶを噛みしめる事で食事感も味わえます。

ファスティング

◼︎飲む点滴、甘酒。

甘酒は「飲む点滴」とも言われ、滋養強壮剤として江戸時代から重宝されていました。甘酒にはエネルギー源となるブドウ糖を始め、必須アミノ酸、ビタミンB群などたくさんの栄養が含まれています。今ではお正月に飲むイメージですが、かつては夏バテに飲まれていたほど栄養満点なものなのです。

◼︎それだけじゃない!女性に嬉しい甘酒パワー。

甘酒に含まれる食物繊維やオリゴ糖は便秘などで悩む腸内環境を整えます。腸内環境が悪いと肌荒れも起きたりするので、お腹だけでなくお肌にも良いですね。また、麹に含まれるコウジ酸は過剰なメラニンの生成を抑え、シミやくすみを防ぐ美白美肌効果があると言われています。

◼︎甘酒の選び方

甘酒は米麹を発酵させて作るものと、酒粕を溶かし砂糖を加えて作るものと2種類あります。
酒粕から作られた甘酒は砂糖やアルコールも含まれているので、アルコールが苦手な方は気をつけて下さい。
一方、米麹から作られた甘酒は、米と麹を発酵させる段階で自然の甘さが出るので、砂糖は使わず、ノンアルコールです。
ゆるファスティングの目的で選ぶのであれば、米麹から作られた甘酒の方が向いているでしょう。

◼︎飲むオススメのタイミング

ゆるファスティングを行うオススメの飲み方は、朝食を甘酒に置き換えるというものです。
朝食を置き換えると、夕食から昼食を食べるまで約12時間は内臓を休ませてあげる事ができます。日中に12時間空けるのは辛いですが、睡眠を挟む事でぐっと空けやすくなりますね。

持病があったり具合が悪い場合は行わず、不調が起きた場合には中断し、医師に相談しましょう。ストイックに行いすぎず、ストレスを感じない程度にゆるく取り入れてみてはいかがですか?