寒さのせいと我慢していたそのブルーな気持ち、もしかしたら「冬うつ」かも?


冬うつ

最近寒さのせいか、なんだか気分が憂鬱で気持ちが乗らないとにかく眠くて朝起きられない。さらにそれが日常生活に少なからず支障をきたしてしまっている人もいるのではないでしょうか?
寒さのせいで体が疲れていると片づけていたその症状、もしかしたら「うつ」が原因かもしれません…!!

■季節限定うつ?

「うつ」と言っても通常のうつ病とは違います。
冬にだけその症状がでる「冬季うつ」の存在をご存知ですか?

冬季うつとは、季節性感情障害(SAD)と呼ばれる精神障害のひとつ。名前の通り、冬季にのみうつ病のような症状が出る病ですが、一般的なうつ病の症状(気分の落ち込みや疲れやすいなど)だけではなく、過眠や過食という、うつ病とは正反対の症状も現れるため、うつとは自覚されにくいんです。
冬季うつは、一度発症すると、毎年繰り返すと言われています。
冬以外の季節は元気なのに、冬になるとなぜか気が重くなる、だるくなるという場合は、冬季うつを疑ってもいいかもしれません…!

■冬季うつ自己チェック!

冬だけこんな症状が出たら要注意です!自分でチェックしてみましょう。

□ 以前ならやれた仕事をうまく処理できない
□ 考えたり、集中する力が明らかに落ちた
□ ちょっとしたことで悲しくなり泣けてきてしまう
□ 自己否定的になる
□ 普段より睡眠時間が長くなった、朝起きられなくなった
□ 炭水化物や甘いものが常に欲しくなる
□ 食べる量が増え、過食気味になった

■原因と改善方法

生活リズムの乱れ、過度のダイエットによる食事の偏りなども原因のひとつですが、冬季うつの大きな要因は日照時間にあります。
その為、早起きをして日照時間を増やすなど、日光に当たる生活を心がけましょう。日が入らない部屋で生活や仕事をしている人は積極的に外出して日を浴びるなど、意識的に日光に当たりましょう。また、有酸素運動も効果的なので、朝いつもより少し早く起きてウォーキングに出かけてみるのもいいかもしれません。

長い冬の間を憂鬱な気分で過ごすのはツライですよね。今の生活をほんの少し見直してみるだけでその症状は改善されていきます!
立春も過ぎ、春はもうすぐそこです♪心と体を労わって季節と上手に付き合っていけたらいいですね!