実は危ない??【あの成分】が入っているダイエット健康茶には要注意!


キャンドルブッシュ

デトックスにとても良いとされているのが、ダイエット健康茶☆

毎日お手軽に飲めるし、身体の中の悪いものを全部出してくれるなら、嬉しいですよね!

私も、食べ過ぎてしまった次の日に「これを飲めば、チャラになるかも!」と淡い期待さえ抱いてしまうお茶なのですが…

でも、そのお茶の成分まで気にしてみたことありますか??

実は、身体に危険な成分が入っている場合があるんです!!

きちんとした知識を持って、スッキリとデトックスして綺麗になりたいですね☆

◆見分けるポイント

原材料に「キャンドルブッシュ」と書かれているかどうかをチェック。

キャンドルブッシュとは、マメ科の植物で、茎や花に下剤成分「センノシド」が含まれています。

この植物は、薬事法上の医薬品ではなく食品に使うことが可能です。

よって、健康食品としてキャンドルブッシュ入りのティーバックが健康茶として売られていることが多いのです。

◆なぜキャンドルブッシュがいけないの?

含有成分のセンノシドの濃度が高いと、人によっては効きすぎてしまい激しい下痢などの体調を壊す場合があります。

では、医薬品の下剤の最低服用量はどれくらいなんでしょうか?

1回分に含まれるセンノシドの量は、12ミリグラムです。

なお、ダイエット茶の平均含有量は2~10ミリグラムなので、ティーバッグの銘柄によっては、下剤に匹敵する量のセンノシドが含まれているということになります。

◆飲み方を工夫してダイエットの味方に!

もし自分が飲んでいる健康茶に、キャンドルブッシュが入っていたら!?

それ自体は食品に使っても良い物ですし、有害な物質ではないので上手に付き合っていきましょう。

例えば、ティーバッグの抽出時間を減らして、自分に合った濃度で飲むことをオススメします。

◆別名もあるので、要注意

キャンドルブッシュには、別名がいくつかあります。

「ゴールデンキャンドル」「ハネセンナ」、学名の「カッシア・アラタ」と表示されていることもあるので、自分の目できちんと確かめましょう。

この知識を知った上で、上手に取り入れればダイエット健康茶は、綺麗なお姉さんの強い味方ですね♪