ダイエッターに大ブームの“酵素”、選ぶ決め手は『生きている』こと!?


今、ダイエット界では空前の酵素ブーム。酵素のドリンクをはじめ、サプリメントやスムージーといった商品も多く出回っており、さらにはほかの成分がメインの商品でも「酵素をプラス!」なんていううたい文句を見かけます。

しかし、「なんで酵素がいいの?」「どれを選べばいいの?」という人も多いのでは。そこで今回は、酵素製品選びのポイントをご紹介します!

ダイエッター

■なぜか太る……その原因は酵素不足かも?

太る原因は運動不足やカロリー過多などさまざま。でも、「あまり食べていないのに太る」「年齢を重ねて痩せにくくなった」というような場合は、「酵素不足」が隠れた原因の一つになっているかも。

私たちの体内にある酵素には消化酵素と代謝酵素があり、食べ物を消化してエネルギーに変え、体を動かす働きがあります。これらが体内で作られる量には限界があり、しかも年齢とともに減少してしまうことが分かっています。

酵素が減少すると代謝も衰える、つまり「太りやすい体質」になってしまうのだとか。特に30代からは激減してしまう酵素、きちんと補っておきたいものです。

■酵素は熱に弱い!だから“ナマ”が基本

酵素を補うには、食物から摂ることが大事。新鮮な野菜や果物、納豆などの発酵食品が代表的な食べ物です。ただし、酵素はたんぱく質で構成されているため熱に弱い種類が多く、変性しやすいのが特徴です。

熱を通さない生野菜はそうそう量が食べられませんし、果物は糖分が気になるところ。肉や魚にも酵素は含まれますが、お刺身やレアのステーキを毎日食べることはできないですよね…。
そこで、より手軽に摂取できる酵素製品がブームとなっているのです!

選ぶポイントは“生きている”こと

酵素をうたう製品でも、熱が加えられていないもの、もしくは耐熱試験をクリアしているものを選び、「生きた酵素」を摂取しましょう。商品情報をしっかりとチェックしてくださいね。
そこで今回は、酵素が生きていることが特徴のサプリメント、『こうじ酵素』をご紹介。

酵素を休眠状態に!

この製品は、麹菌を発酵させた後、加熱せずゆっくりと水分を飛ばすことで、麹菌を一時“休眠状態”にしている、というもの。体内に入り、水分と温度が与えられると再び活性化します。酵素は、1日分3粒の中に、なんと大根3本分、人参22本分、きゅうり18本分も含まれているそう!

■なぜ麹がイイの?

なぜ酵素の中でも麹なのか?というと、麹は発酵過程でさまざまな成分を作り出すから。たとえばブームになった塩麹は、食材に旨みをもたらす糖、アミノ酸、グルタミン酸が含まれているために食材を美味しくしてくれるのですが、そのほかにビタミンも豊富に含んでいます。

お通じにも○

今回、生きている酵素を代表してご紹介した『こうじ酵素』は、豊富な酵素のみならず、原料となる七穀米自体にもビタミンやミネラルが豊富に含まれているほか、酒かすに含まれる「レジスタントプロテイン」という成分を配合。「レジスタントプロテイン」は胃で分解されず小腸まで届いて油を吸着してくれる成分で、お通じを良くする効果もあるそう。
ユーザーからも、「体が軽くなった」「お通じが規則的になった」との声が。また、代謝が上がったことによって、「肌がカサつかず化粧のりが良くなった」という意外な効果を実感した方も。
いかがでしたか?『こうじ酵素』は、現在7日分100円でモニターを募集中。ダイエット中の人はもちろん、手軽に健康管理をしたい人、ドリンクタイプが苦手で一度酵素製品を挫折した人にも良さそうです。気になる人は一度試してみては?

【参考】
生きた酵素たっぷり『こうじ酵素』

ダイエッター