「なんて気持ち良いんだ!」良質コットンとの出会いが人生を変える?


良質コットン

化粧水を付けるときにコットンを使っている人も沢山いると思います!
化粧水自体は手に取って付けても勿論いいのですが、コットンで付けることによって肌が清潔に保たれるほか、パッティングによるマッサージ効果も期待できるのでコットンの使用を勧めている美容家も多いです!
しかし、一口にコットンと言ってもお店にはたくさんの種類が…どれを買えばいいか迷ってしまいますよね。
そこで今回はコットンの選び方を紹介したいと思います!

■コットンの違いに驚愕!

筆者である私自身、化粧水はコットンで付ける派でお風呂上りにはいつもパタパタしているのですが、コットン自体には今まであまりこだわってきませんでした。
コスパ重視でドラックストアーで適当に買ったものを何となく使っていたのですが、ある時友人が家に泊まりに来て、お泊りセットとして化粧水などの試供品をゴソっと持ってきたことがありました。
その中にDHCのコットンが有り、私は何の気なしに使わせてもらったのですが、その時大きな衝撃を受けました!

「なんて気持ちいいんだ!!」
今までコットンなんて綿棒を選ぶのと差ほど変わらない感覚で(綿棒にこだわりがある方すみません)適当に選んでいた私は目から鱗が落ちました。
と、同時に「確かに洗顔後のデリケートな肌に毛羽立った繊維を当てて肌に良い訳がない」と気付いたのです。

■コットン選びのコツ!

ではコットン選びのコツをいくつか紹介したいと思います!

◎まず毛羽立たないことが第一条件!

コットンを使っていて毛羽立ちは一番ストレス!それを避けるためにも、お店のポップを見てみたり店員さんに是非聞いてみてください。口コミサイトを参考にするのも手!

◎目的に応じて

例えば普段のパッティングとコットンパック時に使うコットンは別にするのが理想。
でもそれも面倒という方には剥がして使えるタイプのコットンがオススメです!

◎肌馴染みの良いもの

これは買って使ってみないと分からないのが難点。
ですが、コットンを肌にあてた時の心地よさはコットン選びには欠かせない最重要ポイントです!

長引いていた肌トラブルもコットンを良質なものに変えたら一気に解消されたという話も良く聞きますもんね。
自分の好みのものに出会えるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、私の様に友達に愛用品を試させてもらう、サンプル品をもらってくるなど工夫して自分に合うものを探してみましょう!