「そば」ってダイエットに向いてる?成分と効果まとめ


皆さんは麺類の中で何が1番好きですか?

パスタ、ラーメン、焼きそば、うどん、そば、そうめん……

好みはそれぞれだと思いますが、中でも美容効果が高い「そば」がおすすめです。

そばは、温かくても冷たくてもおいしく、低カロリーなのに栄養分や美容効果が期待できる優れものと言われています。

では、そばがもたらす美容効果について見てみましょう。

 

そば

 

 

■そばに含まれる美容成分

 

〇ルチンの成分と効果

そばの代表的な成分で、高血圧を予防し、血流を良くします。

シミ、シワを促進する活性酸素を抑制する作用も!

 

〇コリンの成分と効果

ビタミンと似た働きをし、体内でアセチルコリンという神経伝達物質に変化します。また、脂肪肝や動脈硬化を防ぎ、ぜんそくの治療にも役立つと言われているほど医学的効果があります。腎臓の働きを助ける作用もあるため、お酒を飲んだ後にもおすすめです。

 

〇ヘミセルロースの成分と効果

ヘミセルロースとは食物繊維の一つで、そばにはなんと白米の2.5倍も含まれています。ヘミセルロースは消化・吸収されにくく、大腸壁を刺激するという働きをします。

 

〇ビタミンBの成分と効果

ビタミンB群はビタミンB1、B2、ナイアシンなどの総称のことで、そばには白米の4倍の量が含まれています。ビタミンB2は肌や髪の健康を保ち、脂質の代謝を促進します。また、ナイアシンは皮膚の健康に役立つ働きを持つため、美容には欠かせません。

 

 

■低GIでダイエットに良い

「GI」とは、体内に入ってきた炭水化物が糖に変化する速さを表す指標のこと。GI数値が低いほど血糖値の上昇が穏やかになり、脂肪になりにくくなります。そばはカロリーだけでなくGI数値も低い食品であるため、ダイエットに適しています。

 

また、そばには十割、だったん、更科など様々な種類がありますが、中でもだったんそばには多くのシスウンベル酸を含んでいます。このシスウンベル酸は、メラニン色素を作り出す酵素の働きを抑えるため、日焼けによるシミやそばかすを防ぎます。

つまり、そばを食べるだけで美白効果が期待できるのです。

 

いかがでしたか?

これだけの効果があれば、食べないわけにはいきませんよね。

今夜の夕飯に迷ったら、何よりも「そば」をおすすめします!