赤い色素の秘密!?今注目のアスタキサンチンとは?


最近少しずつ耳にするようになった「アスタキサンチン」。よく知られるところでは鮭などに多く含まれます。このおいしい栄養成分は、体とお肌にもかなりおいしい成分であることはご存知ですか?
アスタキサンチンの自然界に存在する魅力に迫ってみたいと思います。

アスタキサンチン

◆アスタキサンチンの抗酸化パワー!

アスタキサンチンとは、自然界に存在する赤い色素の栄養成分であるカロテノイドの一種です。鮭・いくら・エビ・蟹などの赤い魚介類に含まれるものです。
このアスタキサンチンは、抗酸化力がとても高いのです。要するに、活性酸素を除去する力がすごいのです。活性酸素とは、他の物質を酸化させるとても強い酸素で日常呼吸して取り入れている酸素の約2%が活性酸素になると言われています。面倒なのはこれが溜まってくると、老化・動脈硬化・糖尿病にがんまでも引き起こしてしまう物質なのです。
毎日の食生活の中に積極的にアスタキサンチンを取り入れるとぷる肌維持(老化防止)+健康維持に繋がります。

◆美肌成分として注目のアスタキサンチン!

紫外線を浴びたり、ストレスを受けたりすることによって活性酸素は大発生してしまいます。
活性酸素のなかに特に毒性が強い「一重項酸素」があります。コラーゲンを変性させ、小じわを作るといわれています。この一重項酸素に対して、数ある栄養成分の中でもアスタキサンチンはとても優れた効果を発揮します。もっとも高い消去作用を持つために、美容界でも大注目されています。
ここしばらくよく聞く「コエンザイムQ10」約150倍の消去作用がアスタキサンチンにはあるそうです。
これらの結果から、最近ではアスタキサンチンを含むコスメも多く出始めています。

鮭の旬は、9月~11月といわれていますが、塩鮭は1年を通しておいしく出回っています。また、赤い色素の食材は、日本では一年中出回っておいしくいただけるので、食生活から自然を美味しくいただきながら、自然に健康と美肌をキープしていきましょう。