普段の生活で痩せる習慣を身につけよう!・就寝編


普段の生活で痩せる習慣を身につけよう!ラストは就寝編です。
「起床」から「就寝」にいたるまで1日を通して痩せる習慣を身につけましょう。

質の良い睡眠をとることで、健康にも、美にもプラスになります。

痩せる習慣

◆睡眠は最低でも6時間

睡眠は、十分ストレス解消なりますが、人間は睡眠が6時間以下になるとストレスを感じやすくなるといわれています。ストレスがある状態では良い睡眠がとれません。1日を精一杯エネルギッシュに行動して、なるべく決まった時間に睡眠をとりましょう。
ストレスは食べ過ぎのもとにもなります。質の良くするには睡眠6時間以上を心がけましょう。

◆寝る前のNG行動をチェック

就寝直前に避けなければいけないのは、パソコンと携帯です。これらが発するブルーライト(太陽の光と似たもの)には、脳を刺激し、覚醒する作用があるため、たとえ睡眠をとったとしても脳は活発化したままの状態になってしまい、起きた時には睡眠不足状態や、疲れたままになってしまいます。これでは、「美」からほど遠い状態になってしまいます。
就寝直前のパソコン使用や、ベッドに入ってからの携帯使用は止めましょう。

◆就寝前にお腹がすいたら…

就寝前にお腹がすいて眠らない…なんていうこともありますよね。そんな時は、温かいカモミールティーに、はちみつを少し加えてみてください。リラックス効果があり、食欲も落ち着き、良い睡眠につくことができます。ミルクに、はちみつを加えたホットミルクティーもお勧めです。
就寝前に少し体の温度を上げておくと、就寝時に温度が下がりやすくなり、スムーズに睡眠につけます。

◆忙しい人は睡眠環境を整えて

早寝早起きが健康と美の基本ですが…とはいっても大人の世界、仕事などでどうしても不規則になりがちな方も多いと思います。睡眠に大切なのは「質の良い睡眠」です。深い眠りにつけるように自分に合った寝具をそろえましょう。またアロマを焚いたりして、心地よい時間を作りましょう。
良い睡眠がとれるように、睡眠環境を万全にすることが不規則な方には大切です。

良く知られているように、夜の睡眠はとても大事です、特に、22時~午前2時は成長ホルモンが分泌される時間です。この時間はなるべく睡眠をとるように心がけるようにしましょう。
良い睡眠が「痩せやすい体質」を作ります。