化粧直しが面倒…なんて言わせない!!リップペンシル・テクニックで簡単口紅長持ち法!!


今季はリップメイクで自分らしさを表現するのが流行り。
最近では落ちにくい口紅など改良されたものが出ていますが、それでもやっぱりただつけた口紅は、何もしなくても時間が経つと落ちやすく、飲み食いしてしまうとすぐに落ちてしまいます。
何度もお化粧直しなんてしなくていい、ちょっとしたテクニックの『口紅の長持ち方法』をお教えいたします。

リップメイク

◆リップペンシルの重ね塗りがお悩みを解決!!

ペンシルはくちびるの輪郭をとるもの、とお考えの方も多いと思います。輪郭だけとっておくと色が落ちた時、くちびるの輪郭だけくっきり! なんて経験ありませんか?このペンシルの威力を有効に使い、ペンシルを口紅の下地として使うだけで口紅の色が長持ちします。
くちびるの輪郭を描いた後、くちびる全体をぬりつぶすことでくちびると口紅をしっかりつなぎ、よれやにじみをふせぎます。
ペンシルと口紅の2層になるため、色が長く保たれます。
少し艶が落ちてしまうことはありますが、お仕事などで化粧直しの時間が取れないときも綺麗なままでいられます。

◆リップペンシル重ね塗りの方法

①ペンシルで上唇~下唇の輪郭をきっちりとしっかり描いてください。
②輪郭を描いた後、ペンシルを左右に往復させながら、上下のくちびるの内側を塗りつぶします。
塗りつぶした後はくちびるを数回合わせてなじませましょう。
③②の上に口紅を塗ります。
④<重要>一度ティッシュオフします。
ティッシュオフすることで油分や水分をおさえ、色がくちびるにより密着しやすい状態になります。
このひと手間を必ず行ってください。
⑤もう一度口紅を塗ります。
③と同様にもう一度口紅を塗り、くちびるを数回合わせて色をなじませましょう。

◆リップペンシルの選び方

下地用として使うリップペンシルは、くちびるにしっかりと密着するマットな質感で、芯が柔らかいものが良!! 色味はどんな色の口紅がのっても邪魔にならないピンクベージュなどくちびるになじみやすい色がお勧めです。濃い色は避けましょう。

グロスや艶のある、芯の固いものはNGです。
グロスのあるものは口紅を上にのせた時に滑ってしまい逆に落ちやすくなってしまいます。

身だしなみはとても大事な「美活」です。是非試してみてくださいね。