印象が劇的に変わる!?上手な話し方で相手に好かれましょう


上手な話し方

話し方ひとつで、相手に与える印象は良くも悪くも決まってしまいます。今回は、私生活でも仕事場でも心掛けたい、上手に話すコツをご紹介します!

■絶対にしてはいけない話し方

・否定から入る
・自分の自慢話ばかり話す
・上から目線

どれも共通することは自分中心の話し方だということです。自分は他の人とは違うという意識のもと、周囲に認めてもらいたいという欲求が強いです。少しでもこの話し方をしているかも、と思われた方は気を付けるだけで印象は変わります!

■相手との対話を楽しむ

相手の話をちゃんと聞いているということを伝えるのは、大事なことです。まずは、相槌を打ちましょう。相手に話すことを促すように工夫できるととても良いですが、難しい方はうなずくことから始めましょう。適度な相槌はその場の雰囲気を良好にします。

また、相手の目を見ることも基本ですね。視線を合わせることで親近感は高まりますし、自分が心を開いていることを伝えやすくなります。

■共感がキーワード

周囲に結局何が言いたいのだろう、という人はいませんか?そのような相手にこそ、共感することが必要です。たとえ自分と思っていることが違っていても、まずは共感し、そこから自分の意見も上手く伝えられたら、双方向のコミュニケーションがうまくなされていることになります。

■表情作りも大切

相手に良い印象を与える表情を作るために大切なのは
・目を大きくする
・微笑みを忘れない
・白い歯を保つ
この3つです。
情のこもった目つきは、自分の気持ちが伝わりやすいです。そして相手へ好意を伝える微笑みと、清潔感のあるイメージを持ってもらう白い歯で魅力的な表情になります。

これらのことに気を付ければ、きっと相手に良い印象を持ってもらえます。小さなことから始めてみてはいかかでしょうか?