香りが運ぶ不思議な力・・・「お香」を焚いて美肌になれる??

お香

お香やキャンドル、アロマは日常生活に癒しを与えてくれますよね!
特にお香は比較的リーズナブルでしかもすぐ簡単に焚くことができるので使っている人も多いのではないでしょうか??
今回はお香がもたらす美容効果についてお話したいと思います!

■香りの力

香りは人の感情や行動、記憶を司る大脳辺縁系に直接働きかけ、さまざまな効果を与えています。
ある香りを嗅いだらいつかのあの時をふいに思い出した。そんな経験が皆さんにもあるのではないでしょうか?
実は嗅覚は感情や記憶を司るとされている海馬と深い結びつきがあるので、懐かしい記憶を呼び覚ますような香りを嗅ぐ事は心身のリラックスにとても効果があると言われています。
また、心休まる香りを嗅ぐ事によって、自律神経やホルモンの分泌、免疫を高めるといった効果も大きく期待出来きます。

■香りと美肌の関係

上にあるように、良い香りを嗅ぐことで、整った自律神経やホルモンが健康はもちろん美容にも大きく貢献してくれます。
よい香りは“美肌のためのスパイス”とも考えられているのです。

その為、多くの日本人が幼い頃から嗅ぎ慣れている懐かしく心安らぐ香りが多く揃うお香は美肌にとってとてもいい影響をもたらします。

■日本のオススメの香り

お香は沢山の種類があります。今回はオススメの日本の香りを紹介します。

白檀(ビャクダン):

サンダルウッドとも呼びます。お香の中ではとてもポピュラーな香り。やわらかい甘さのあるウッディな香りで、リラックス効果や防虫効果もあるといわれています。
ヒノキ:
ショウノウ様のウッディな香りで、リラックス効果や安眠効果が期待できます。

よもぎ:

フレッシュなグリーンハーバルの香りで、鎮静効果や疲労回復効果も。

乳香(ニュウコウ):

グリーンっぽさと柑橘系の香りを持ち合わせていて、抗菌作用があります。

桂皮(ケイヒ):

別名はシナモン。甘さやあたたかみを感じるスパイシーな香りで、食欲を正常化する効果があります。

金木犀(キンモクセイ):

甘さのあるフローラル調の香りです。リラックス効果や鎮静効果があるとされています。

柚子(ユズ):

フレッシュなグリーン感を備えた柑橘系の香りです。リラックス効果やリフレッシュ効果があります。

心休まる香りとスーッと煙が立ち上る様子を見ているととても神聖な気持ちになり、日常のストレスを忘れさせてくれるような気がします。
リラックスしながらお肌のコンディションを整えられる「お香」。ぜひ試してみてくださいね♪