恋愛にも自己分析が必要?計画的に恋をして、理想の将来を手に入れる!


理想の将来

20代に突入したら、
女性はカウントダウンが始まります。

結婚、そして、妊娠。

高齢出産はリスクも多いため、
35歳までには子供を産みたいところ。
そう考えると、遅くても30代前半で結婚できるように
相手を見定めてパートナーを選ぶ必要があります。

■軽い気持ちで付き合うのは、時間の無駄でしかない

 好きじゃないけどノリで付き合う
 DV男だけど好きだから一緒にいる
 ニート男だけど私が働けばいいから…

・・・

今幸せならいい

というのもよくわかります。
しかし、残念ながら女性は賞味期限付きの生物なのです。

結婚したいなら
なにより、
子供が欲しいなら
そして、
子供に幸せになってほしいと思うなら

しっかりと自分と向き合って、計画的に恋愛をしなければならないと思うのです。

■自分の望むパートナーはどこにいるのだろうか?

自分の好みはどんな人だろう。
絶対にはずせない条件はなんだろう。
そしてターゲットはどこにいるのだろう。

 六本木か?
 北海道か?
 オシャレカフェか?
 ネットの中か?

ターゲット層は、どこにいて、
どういった手段で出会うことが可能なのか。
真剣に考えたことありますか?

自分の恋愛について
真剣に考える機会はあまりないと思いますが、
一度紙に書き出してみると
見えてくることがあります。

■やってみよう!恋愛自己分析

①絶対にはずせない条件を書き出す
②ターゲット像を思い描く
③その人とどこにいれば出会えるのか考える
④行動する!!

つまり、理想があるなら行動しよう!ということです。
待っていても恋愛の神様はおりてきません。
できるだけ諦めずに、理想を追い求めたいところです。

■自己分析にそって、無駄な行動を無くす。

行動すると言っても、出会いの場に手当たり次第行くのは間違っています。

寡黙でインテリな方がターゲットの場合、
クラブや合コンに行っても出会える確率は低いです。

低確率のところを狙って運命を感じたい!なんて言っている場合じゃありません。
寡黙でインテリな方は、
図書館やお洒落なカフェなどの方がよっぽどいます。
ターゲットをしぼって無駄な行動は減らしていきましょう。

いかがでしたでしょうか?
理想が高い方ほど、就活並みの努力が必要です。
くれぐれも大手病にかからないように、自分のスペックを考えるという自己分析も必要ですけどね。検討を祈ります。