知らなきゃ損する!正しいメイクブラシの使い分け


メイクブラシ

日々のメイクの中で、ファンデーションの付属のパフや、アイシャドウの中に入っている小さいブラシ、チークについている平たいブラシを使っていませんか?
メイクブラシはプロが使うもの、と思いがちですが、メイクが苦手な人こそ良いブラシを使った方が良いのです。

■メイクブラシの効果

メイクブラシはメイクに欠かせないとても重要なアイテムなのです!画家がいろいろな筆を使い分けるのと同様、メイクブラシも用途に合わせて使い分ける必要があります。付属のブラシやチップではなく、メイクブラシを使うだけで高度なテクニックなしで仕上がりをワンランクアップさせることができます。

■正しい使い分け術

・フェイスブラシ編

顔全体に使うフェイスブラシは、顔の中心から外側に向けて顏表面をなでるようにつけてください。適度な量で薄付きになり、女優の肌のような仕上がりになります。

・チークブラシ編

チークは付け過ぎたり少なすぎたりと、なかなか難しいですよね。ブラシでクルクルと回しながらぼかせば、ちょうどいい色づきになります。顔が面長な人は横長に、丸顔な人は縦長に入れると小顔に見えます。

・シャドウブラシ編

発色が大事なアイシャドウは、専用のブラシが必要です。横にブラシを動かすのではなく、少しずつ色をのせていくようにしましょう。ブラシを横にして使えば、アイライナーブラシにもなります。

■丁寧なお手入れを

毎日こまめにお手入れすることが基本です。使ったあとはしっかりとはたき、色残りがないようにしましょう。また水洗いはなるべく避け、ぬるま湯で洗い陰干しで乾かし毛を傷めないようにしましょう。

今までメイクブラシを使ったことがない方は、是非試してみてください。いつものメイクより格段に上の仕上がりになること間違いなしです!

関連リンク
・童顔メイクで愛され顔に変身できる簡単なやり方とは?