スキンケアで使う化粧水は質より量!?


化粧水

スキンケアで一番重要な事はなんでしょうか。それは値段の高い美容液やクリームに頼らずに基本的なスキンケアをしっかりやることなんです!

■たっぷり使うことが大事!

もっとも重要な事は値段ではなく、たっぷりと使う事。高い化粧水をチビチビと使うよりも、お手軽な値段の物を多く使う方がいいです。洗顔後の化粧水をコットンに含ませパッティングします。コットンが乾いてきたら、さらに追加して潤った状態を保ちながら15分間くらいローションパックをします。その後、重要な事はコットンを取ったら、手の平で肌をパッティングする事。

力一杯に叩いてはいけません。シミや皺の原因は摩擦です。あくまで優しく、手の平で顔を包みこむように。手で肌を温める事で化粧水の浸透度は増します。その後、美容液や乳液をつけて水分が逃げないようにします。毎日のスキンケアが十年後の肌を変えますよ。

■素手とコットンの違いとは!

化粧水をしみこませるためには、素手とコットンどっちが良いの?と思う方もいるでしょう。
スキンケアは様々な種類と方法があり、自分にあったスキンケア化粧品やケア方法を選ぶことが大切です。
ただ化粧水の浸透のよさでいうと素手よりもコットンを使用する方が効果的なのです。

コットンは化粧水を保持してくれて、蒸発して逃げることなく肌へしっかりと浸透していきます。
使用するときは指の間に挟み平らな面をつくり、肌に優しく押し込むようにします。
気をつけなければならない点は、繊維が付着して肌へ刺激にならないように、
優しくこすらないようにパッティングすることです。

素手はぬくもりで肌によく浸透すると思われがちなのですが、
化粧水が顔だけでなく手側にも吸い込んでいきますし、平らでないので隙間から蒸発していってしまいます。

顔全体の面積は意外と大きいものです。
スキンケア化粧品の効果を充分に発揮させるには、ムラなく伸ばししっかりと浸透させることが重要です。

皆さんも正しいスキンケアで健やかな肌を目指しましょう♪