意外と知らない?さり気無く出来るとポイント高い!居酒屋マナーをチェック!

居酒屋マナー

年末年始、何かとお酒の席も増えるのではないでしょうか?
上司や親せきとの少しかしこまった席はもちろん、友達同士の飲み会でも気を付けたいのがちょっとしたマナー。
高級レストランで行うような本格的なテーブルマナーとは違う、カジュアルな席での基本的なマナーや所作は実はあまり知らないもの??
今回は、知っていると安心&ポイントアップ間違い無しの居酒屋マナーを紹介したいと思います!

■お酒編

居酒屋に入り席に着いたらまずお酒を頼みましょう!そうすれば突出し(お通し)が出てくるので、食べ物の注文は乾杯の後、突出しをつまみながら行うと場がもたつかずお店側もスムーズに仕事が出来ます。

そして乾杯の時ですが、目上の人がいる場合は相手より下の位置で自分のグラスを合わせるようにしましょう。男性がいる場合も同じようにするとポイント高いです!

そして重要になってくるのが周りのグラスにお酒を注いであげるのと次の注文を促すタイミング。
注文の場合は、グラスが3分の1を切ったら「次は何を飲みますか?」と促してあげましょう。すべて飲み干した時にちょうど次のお酒が届くのがベストタイミングです。
お酌の場合は基本的には相手が飲み干したら注ぐようにしましょう。ビールなどはつぎ足しで入れない方が美味しいものです。

女子たる者、空のグラスを見逃さないようにしましょう!

■料理編

大皿や鍋などみんなでシェアして食べる料理が多い居酒屋。
自分が口を付けた箸で取ったり取り分けたりするとに少し抵抗がありますよね。しかし、箸を逆さに持って取るのは実は「逆さ箸」というNGマナーなんです!
なぜなら、箸の上の方は手で持っていた場所なので、キレイではないとされているからです。
その場合はお店の人に取り箸をもらうか「じか箸で失礼します」と一言添えて、そのまま自分の箸を使うのが、スマート!

そしてお刺身を食べるときですが、先に醤油にワサビをといてしまうのも実はNG。ワサビの風味を損なってしまうのもそうですが、なにより汚れたお醤油は見た目にもよくありません。
この場合ワサビを少量ずつ食べる分の刺身に直接乗せて食べましょう。
これを実践している人は意外に少ないので、出来るとかなりポイント高いです!

ちょっとした仕草も人は見ているものです。カジュアルな席こそスマートに振る舞いたいものですよね!
全体を冷静にみて、相手が何を求めているかを瞬時に察知することが大事になってきます。
今年話題の「おもてなし」の精神が物をいいます!