2013夏のトレンドメイクポイント・“赤”に注目!


毎年、夏のトレンドメイクは鮮やかでカジュアルな感じで登場しますが、今年の夏のトレンドは今までと真逆のイメージのメイクが様々なランウェイでみられました。新鮮な気持ちで新しい自分発見ができそうです。

1,ベースメイクポイント

ベースはシンプルなカラーで黒・白・でまとめられていて、ここ数年続いてきたあの「きらきら肌」のイメージがなくなり、マットな肌作りになってきました。少々artificial(人工的)でお人形のような感じさえするベースメーク。この感じはどちらかというと秋冬に多かったスタイルですが、そのほかのポイントメークと交わるとばっちりマッチして気品溢れる華やかな夏のイメージになるのです。

2,80’sの太眉がCome Backの予感

マットなベースメイクに秋冬から続く「太眉」。80年代は太さにこだわり誰もが太く、太く書いていた眉ですが、80年代との大きな違いは今シーズンはある程度の太さに抑え、太さよりも色の濃さを強調しているようです。色は今までとはガラッと変わりヘラカラーと同様にワントーン落とした暗めの色へ。これも今までの夏イメージとは真逆。
 眉を基本にアイメクはブラウンと白のグラデーションを作り軽く仕上げて大人っぽくみせたり、今まで通り明るい夏色のグリーンやブルーを使いグラデーションを作るとカジュアルに仕上がります。
アイメイクのポイントは太眉を生かしたグラデーションをアイシャドウで作ることです。

3,今年のメイクは”赤リップ“に注目‼

 

トレンドメイク

 「赤リップ」も冬のトレンドのイメージですが、今年のランウェイの多くを彩ったのはさまざまな「赤」。赤にもいろいろあり基本中の基本の深紅から日本人の象徴のような朱赤に春からトレンドど真ん中のネオン系の赤などすべての赤が受け入れられています。エレガントで小悪魔的、そしてキュートな赤は永遠不滅。モード感をたっぷり感じさせてくれます。
 シックなベースメークにドキッとするような赤を使い分けてみるとおしゃれが一段と楽しくなりようですよね。

今までは冬カラーの代名詞だったようなメイクスタイルがこの夏のトレンドになりました。ぜひチャレンジしてみてくださいね。